平成30年6月21日(木)、梶山弘志(内閣府特命担当大臣)は、地方創生人材支援制度(※)の平成30年度夏派遣者と面会し、激励の言葉を述べました。

 また、翌22日(金)、本制度の第12回報告会に出席しました。
 本制度では、四半期に一度、全国の派遣者が都内に会し、活動報告、派遣者間の情報交換、好事例の共有などを行う報告会を開催しています。第12回を迎えた今回は、代表5名が報告を行い、それに基づき意見交換を実施しました。

H30年度夏派遣者の方と

 

報告会にて



(※)地方創生に積極的に取り組む比較的人口規模の小さな市町村に対し、国家公務員・大学研究者・民間人材を市町村長の補佐役として派遣する制度です。

 

(事務所スタッフ報告)