平成30年5月29日(火)、梶山弘志(内閣府特命担当大臣)は、「国と地方の協議の場(平成30年度第1回)」に出席。
 協議の場においては、「骨太の方針」の策定等について地方六団体出席者と意見交換が行われた。
 地方側からは、地方の安定的な財政運営に必要な地方交付税等の一般財源総額の確保等について発言がありました。

 

 

(事務所スタッフ報告)