平成30年5月17日(木)、梶山弘志(内閣府特命担当大臣)は、「第9回まち・ひと・しごと創生担当大臣と地方六団体の意見交換会」に出席。
 会議では、地方創生の取組に関し、地方六団体の各代表と幅広く意見交換を行う。
 梶山弘志からは、各団体の日頃の尽力に感謝を述べた上で、「現在、私のもとで開催している「わくわく地方生活実現会議」において、UIJターン対策の抜本的強化や地方の担い手不足に対応した女性や高齢者等の活躍の推進等について熱心に議論している。本日、各団体からいただいたご意見を踏まえ、更なる取組の強化に努めてまいりたい。」旨発言しました。

 

 

(事務所スタッフ報告)