平成30年3月29日(木)、梶山弘志(内閣府特命担当大臣)は、「2017年度ふるさと名品オブ・ザ・イヤー表彰式」に出席。
 表彰式には、受賞者及びその関係者の他、表彰制度関係事業者、報道関係者、関係省庁等、約200名が集まりました。

梶山弘志(大臣)は、地方創生の観点から優れた各地の名品や取組の中から、ヒト・モノ・コト・政策奨励の4部門ごとに選定された大臣賞の表彰を行うとともに、平昌オリンピック金メダリストで北海道幕別町出身の高木菜那選手と日本各地の魅力等について対談を行いました。

また、日本各地の素晴らしい魅力を発掘する本取組に対する引き続いての期待と地方創生への決意を表明しました。

 

表彰式の様子

 

高木菜那選手とのトークセッションの様子

 

 

 

バックヤードにて

 

(事務所スタッフ報告)