第57回公文書管理委員会

テーマ:

9月20日(水)、梶山弘志(内閣府特命担当大臣)は、第57回公文書管理委員会に出席しました。
 会議では、「『行政文書の管理の在り方等に関する検討チーム』の取りまとめ内容については、内閣府から各省庁に対して通知を行い、速やかに対応してもらうこととしている。その上で、その内容をガイドラインにも盛り込むべく、これまで御議論いただいてきた『歴史公文書等の範囲の明確化』及び『保存期間1年未満の行政文書の扱い』と併せて、ガイドラインの具体的な改正案を作成し、次回の委員会でお示ししたい」旨発言しました。





(事務所スタッフ報告)