こんにちは。

家事サポ 高橋ですニコ

 

今回は「家事のストレス」について考えてみました上差し

 

先日、家事代行の利用を検討されているお客様との会話の中で

「掃除は一番のストレスよね!」

と真顔で言われましたアセアセあせるあせる

 

共働きのご夫婦で、家事の分担はそこそこされているそうです。

ですが、せっかく旦那さんが協力してくれたにもかかわらず、お互いの価値観の違いや掃除に対する意見の食い違いなどが原因でケンカになってしまうこともあるそうで・・・汗

 

「家事」は生活していく上で決して外すことができないことですから。

例え面倒であっても誰かが必ずやらなければ成り立ちません。

ましてや快適な生活を望むのであればキレイを意識して生活する習慣をつけなければ難しいですからねうーん

 

家事を分担しても、お互いに満足のいく結果が得られずケンカになってしまうのはどうしてなのか?

原因をリサーチしてみました上差し

 

奥様目線からのその理由とは?

・掃除したのにキレイになっていない→結局二度手間になるイラッ

・頼んだことだけしかやらない→食器を洗いは完了でも周りはビシャビシャぼけー水周りの掃除・・・用具の出しっ放しにイラッショック

・細かいところに目が届かない→なんで気付かないかな~とまたも二度手間

・時間のかかりすぎ→他のことが頼めない

 

旦那様目線からの言い分

・せっかく手伝ったのに文句ばっかり言われる→感謝の気持ちはないわけ?えー?

・妻のやり方にちょっと口出しをした→「じゃあ自分でやれば」と機嫌を損ねてしまったアセアセ

・自分が大切にしているがものの扱いが雑・・・おーっ!→「邪魔なんだけど」のひと言にカチーンッ爆弾

 

それぞれの価値観の違いはありますからね・・・完璧に分かり合うというのは正直難しいのかもしれません。

せっかくの休日を家事が原因でケンカになるなんてことはもったいないですからうーん

 

「家事は主婦がやるべき!」

なんて決めつけている男性陣が多い中、家事の分担に協力的な旦那様はすばらしいと思いますよニコ

 

休日は、ご家族が「笑顔」で過ごせる時間であってほしいと願いますビックリマーク

笑顔で過ごす時間は自身を元気にしてくれる癒しのパワーを与えてくれますビックリマーク

 

仕事も家事も育児も・・・なんでも完璧に!!

なんて休む間もなく頑張り続けるのは思っている以上にずっと大変なことだと思います。

心も体も疲れ切ってしまったら何も良いことないですよあせる

 

時にはプロの力を上手く借りてみるのもおすすめです。

「家事」をアウトソーシングすること→「家事」の負担軽減

 

今年は「家事休」してストレスフリーな休日を過ごすというのはいかがですかはてなマーク