こんにちは。

コーディネーター高橋ですニコニコ

 

本日は「トイレ掃除」の話。

掃除のやり方とかではなく、マメ知識です照れ

 

トイレの神様

「烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)」様

のお話。

    

 

トイレ掃除をすると運気アップアップ金運アップアップというのは、すでに知られた話ではあります。

トイレ掃除で開運し、幸せを手にされているという方がいらっしゃるというのは本当の話ですよねニヤリ

 

そもそも「烏蒭沙摩明王」様トイレの神様なのは、なぜなのでしょうか?

 

作家の小林正観さんのお話しの中で、「烏蒭沙摩明王」様のちょっと興味深いお話があります。

 

家には、それぞれ家庭を守ってくれる7人の神様がいるそうです。

家が新しく建てられると、この7人の神様が自分の担当する部屋や場所にダーッと走っていって、場所決めをするそうです。

 

星1番目に着いた神様は一番お金がかかっている「応接間」担当

星2番目に着いた神様は次に見栄えがいい「玄関」を担当

星3番目に着いた神様はテレビなどいろんなものが置いてある「リビング・居間」を担当

星4番目に着いた神様は「寝室」

星5番目に着いた神様は「かまどの神」といわれており「台所」

星6番目に着いた神様は「汚れたところを洗い流す」ため「お風呂」「洗面所」

星7番目に着いた神様に残っている場所は「トイレ」のみ

この7番目に到着するのが「うすさま」なのです。

 

1番目に着いた神様は手ぶらだから一番早い

2番目に着いた神様は小さな紙袋くらいの大きさのお土産を持っている

3番目に着いた神様はセカンドバッグにお土産を持っている

4番目に着いた神様は小さなリュックを担いでお土産を入れている

5番目に着いた神様はバックパックにお土産を入れている

6番目に着いた神様は大きな塊を入れている

7番目に着いた神様は山男が背負うような、背中が全部見えなくなるほどの大きな大きなザックを背負っている

 

そして、7番目に着いた神様は、いっぱいに荷物を背負っているため走ることができず、一番遅くなってしまうのですが

その中身は・・・金銀財宝が入っているのです。

その家に行って、みんなを裕福にしてあげようと思うなんて、心優しき神様ですねビックリマーク

 

 

「うすさま」は古代インド神話において元の名を「ウッチュシュマ」、あるいは「アグニ」と呼ばれた炎の神であり、この世の一切の汚れを焼き尽くす強い功徳を持ちます。

 

仏教に包括された後も「烈火で不浄を清浄と化す」神力を持つことから、心の浄化はもとより、日々の生活のあらゆる現実的な不浄を清める功徳があるのだといいます。

 

昔から、不浄を浄化するとして「うすさま」が便所に祀られることが多かったようです。

 

現代のトイレも、風水で考えても、一番悪い気が溜まる不浄の場所とされていますね。

人に影響をあたえる場所とも言われております。

 

トイレ掃除をすることで、悪い気を寄せ付けず心清らかに照れ

プラスα運気アップ・金運アップにつながるなら嬉しいかぎりですおねがい

 

ぜひ、御真言を唱えながらトイレ掃除をし続けてみてくださいビックリマーク

 

「オンクロダノウ ウンジャク ソワカ」

「烏蒭沙摩明王様いつもありがとうございます」

 

高橋自身もう何年もトイレ掃除をしながら心の中で唱えております照れ

果たして効果は・・・(笑)

 

家事サポHPはこちら右矢印http://www.kajisapo.com/