院長のひとり言

国際中医師で鍼灸師が東洋医学の本当の楽しみ方を、健康や時事ネタを通して、徒然に書き綴る。


テーマ:

 

舞鶴市長が土俵上で倒れて

 

心肺蘇生に土俵に上がった

看護士さん達に

 

「女性は土俵から降りてください」と

アナウンスしたという騒動がおきた

 

土俵上は女人禁制

 

この事については

昔から物議があったが

 

今回の騒動の一番問題は

 

女性が土俵に上がってはいけない事が

人命救助より大事なことなのか?ということだ

 

もしもそうだったら

 

尼寺で尼さんが倒れたら

女性の救急隊を編成してから

救助にいかなければならいので間に合わない

 

やはり人命救助を第一に考えて

男女関係なく誰でもいいから近くにいる人が

助けに行くべきである

 

今回の対応に対して

大相撲協会も間違いを認めて

直ぐに謝罪している

 

だからこれ以上責められる必要は

ないと思ったのだが

 

そもそものところ

 

ナゼ土俵に女性が上がるといけないのか?

 

相撲が神事であり土俵は女人禁制と

定められているからである

 

相撲は神事であり日本の伝統文化であるので

昔からのしきたりを重んじて

できるだけ昔からの「形」を残したい

 

小生はどちらかというと保守的な考えなので

別に土俵が女人禁制でもいいんじゃないか?

 

そう思っていた

 

しかし

 

今回の騒動でインターネットなどで少し調べてみると

 

神道では血を流すことを「けがれ」ととらえ

生理がある女性の土俵に上がることを禁止したそうだ

 

新たな疑問が湧いてきた

 

生理中ではない女性や

閉経後の女性がナゼだめなのか?


 

血を流していないのに

女性というだけで「けがれ」などという

レッテルを貼られて

土俵上に上がることができないのは

 

やはり納得がいかないような気がする

 

女性は生理があるからけがれている?

生理の何が「けがれ」なんだろうか?

 

女の子が初潮を迎えると赤飯でお祝いするが

生理があるのは神聖なことであって

「けがれ」などと言うのは原始人の勘違いである

 

そんな偏った考え方を後生大事に

伝統文化として受け継いでいく必要があるのだろうか?

 

女性差別ではないと言うのなら

 

なぜ女性が「けがれている」のかを

説明する必要がある

 

 

その事が説明できなければ

今すぐ女人禁制を解くべきだと思うのである

 

 

 

★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください

 

★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

  中医学 ブログランキングへ 

 

★『院長のひとり言』バックナンバーはわんわんをクリックしてください★

kajimuraharikyuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。