院長のひとり言

国際中医師で鍼灸師が東洋医学の本当の楽しみ方を、健康や時事ネタを通して、徒然に書き綴る。


テーマ:


鍼灸治療に響きはいらない
とうテーマで書いています

前回まででナゼ響かさないのか?
響かすことのデメリット
響かさないことの安全性と合理性を
書いて来たので

響かさなくても十分効くことは
理解してもらいえたと思うので


あとはそんなに浅く軽微な刺激で
高い効果が得られるのはナゼかを
書いていきたいと思う

ナゼ鍼が効くのか?

これについては諸説あり

絶対にこの説が正しいとは言えないのが
現状であるが

身体に対する外界からの刺激は
一番初めに皮膚が感じる

皮膚が感じてその感覚を神経に伝達する
そして神経が脳に伝達して

脳が暑いとか寒いとか
いろいろな感覚を自覚する

以前は皮膚は垢になる前の死んだ細胞の塊りで
外界からのシールドの役目しかないと
考えられていたが

今では

皮膚が温覚、触覚、痛覚、明暗、色覚など
さまざまなセンサーの役割を担い

しかも

火傷するほどの温度を感知すると
その情報を脳に伝達すると同時に

その場所を冷やすために一瞬にして水を集める

だから水膨れが起こると考えられている

外界からの刺激を一番に察知して
神経や脳に伝達すると供に
必要な反応をおこす働きをしているので

皮膚は第3の脳と呼ばれている

この事は資生堂研究員の
傳田光洋先生が詳しい本を書かれている

このことから

小生はツボは筋肉や神経にあるのではなく
皮膚にあるのだと考えてる

だから患者さんの脳が
鍼の刺激を自覚する(得気)必要はなく

五臓六腑からの内臓体壁反射によって
現れた皮膚(ツボ)に必要な鍼刺激を与えるだけで

患者さんの体は反応を起こすと
考えているのである

当院の鍼治療は極細針を使用し
浅くて全く感じない
響かせない鍼治療を実践するのは
このような理由からである






★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラ をご覧ください

★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください  

↓    ↓    ↓

  中医学 ブログランキングへ  

★『院長のひとり言』バックナンバーはわんわん をクリックしてください★

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

kajimuraharikyuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。