院長のひとり言

国際中医師で鍼灸師が東洋医学の本当の楽しみ方を、健康や時事ネタを通して、徒然に書き綴る。


テーマ:



「当院の鍼灸治療は響かさない」
というテーマで書いてます


響かさない鍼治療がナゼ効くのか?

「響かせる」ことを
中医学で得気(とっき)というが

鍼を刺してツボを刺激すると

ズーンとした感覚がする

肩こりの時にツボをギユーと指圧してもらった時の
痛くて気持ちいい感覚に似ている

得気の場合はキリキリとかチクチクした感覚や
ドーンととにかく重たい感覚など

いろんな感覚があり

痛くても気持ちいいズーンとした得気を
患者さんに与える事が

腕の良い鍼灸師であり得気を与えないと
治らないと考える人が多い



小生も昔はそう考えていて

いろんな響かせ方を工夫するために

「どうですか?」「響いてますか?」
「どんな感じでどこに響いてますか?」

などと患者さんに問いかけながら治療していたが

そのうちに患者さんに聞かなくても
どんな響き方をしているか分るようになり

患者さん本人がまだ得気を感じていないのに
鍼がツボを捉えた感覚が分るようになった

これを気が至るという

患者さんが感じる前に治療家が感じる


この気が至る感覚が分るようになると

相手が感じていなくても効く事が分かって来た

相手が感じる事が効果効能ではないのである


続きはまた明日




★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください★



最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓

中医学 ブログランキングへ

★『院長のひとり言』バックナンバーはわんわんをクリックしてください★
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

kajimuraharikyuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。