秋はなにかとイベントの多い季節でございます。

協会にもお知らせがきておりますので2件、ざざっとご紹介いたします。

 

まず1件目。

国交省港湾局主催

『港湾の中長期政策 PORT2030 シンポジウム』

平成30年11月13日(火) 13:00~16:00

よみうりホール(とうきょう・有楽町)

申込方法は2枚目の申込書をメール、またはFAXでのお申込みでございます。

教育CPDポイントのゲットのチャンスです。

 

 

 

そして2件目。

こちらは三重県で開催される総合防災訓練です。

 

平成30年11月3日(土)

メイン会場:四日市港霞ふ頭(三重県四日市霞二丁目)

サテライト会場:答志島(三重県鳥羽市桃取町)

 

働く車や船や重機が好きなお子様を連れて、家族で

参加してみてはいかがでしょうか?

炊き出しもあるよ!の文字に惹かれます。

 

以上、2件のイベント案内でございました。

 

海洋調査協会のイベントとしましては

来週、とうとう港湾海洋調査士と士補の認定試験&研修会です。

あわわわわ。(主催する側が慌ててどうする)

 

 

 

 

お待たせいたしました!!

港湾海洋調査士認定試験、

港湾海洋調査士認定試験の過去問題を

ウェブサイト上で公開しました!!

 

海洋調査協会のウェブサイトはコチラ。

http://www.jamsa.or.jp/upload/20180926_02.pdf

 

・・・ですが、もう、ダイレクトにリンクを貼りましょう。

 

調査士の論文記述試験の過去問題はコチラ

http://www.jamsa.or.jp/upload/20180926_01.pdf

 

調査士の過去問題はコチラ

http://www.jamsa.or.jp/upload/20180926_02.pdf

 

ご参考までに是非是非。

 

 

明日から3連休ー!
しかし、海洋調査関係のお仕事されてる方はカレンダー通りでもない方も多いと思いますが。

特に連絡事項もないのですが、受験者、研修受講者の皆さんには、ほぼ、受験票なり受講票なりの発送が終わりまして、あと残るは不備のある方々・・・。

それはそうと、特にネタもないのでございますが、隣の席のたまに話題に出てくるTさんの机の上なんですが、

えーと、ホウキです。
本人曰く、日本橋のお店で買ったんですってよ。
職人さんか作ったホウキだとかで結構なお値段なんですってよ、奥様。

というか、なんで机の上にほっちゃらかしてるんですか?ホウキ。
私の視界に入るんですけど。
仕事中なんすけど。
穂先、思いっきりこっち向いてるんですけど。
懇談会もおわり、おそらくそれぞれ二次会もあったかもしれませんが、技術発表会無事終了ー!!ヤレヤレ!!

発表会のあった楽水会館ですが、おとなりにクジラの骨格標本を展示している建物がございまして、休み時間に行ってみました。


デカ過ぎて画面に入りきらない・・・。

骨格標本はセミクジラとコククジラです。

こちらはコククジラの模型も。
にしてもデカイ!
そして、部屋に入るとクジラというか、クジラの脂の香りがしまする。

にしても、この数学的?美しさ!

うつくしーーー!

これに肉が付いて、と思うとどれだけ大きいのでせうか?
実物をみたくなりまする。

くじらーーーー!

あ、発表会の内容は相変わらず受付で外にいるので詳細は分かりません。、すみませんー。

プログラム等は差し上げることも出来ますのでその場合は、協会までご連絡くださいまっしー!



ご無沙汰!!
去年もこちらで紹介した、海洋調査協会が主催する、技術者育成セミナーのイブニングセミナーコース第1回が本日開講!
今年は6名の参加!
初回は我が協会会長のお話がもれなくついてくる!!全員プレゼントかいっ!!

ま、そんなこんなでセミナー終わってそのまま会議室で懇親会。
なんと、今年のメンバーはみんなお酒か強いときたもんだ!!
軽く日本酒二本空いたよ・・・。

・・・こわい子!(ガラスの仮面の月影先生)

まー、写真で顔は載せませんが。

で、ノリノリで二次会へと。
中華料理屋さんです。

似たよーな写真でごめんよ。
顔出しNGですから!!

これから年末まで続くこのセミナー。
宜しくだよーーー。








海洋調査協会オリジナルのジャンパーが出来ました!!

 

今までは、いつの頃からあるのか不明な協会ジャンパー10着を地方での災害訓練時などで貸し出しておりましたが、このたび、大幅リニューアル?バージョンアップしたジャンパーが出来上がりました!!

雨の日も現場で使えるジャンパーを、という声もありましたので

透湿防水!!

フードは襟の中に収納!!

 

業者からのイメージ画像

 

ロゴの詳細

ナマズじゃないです。チョウチンアンコウです。海を照らしてます。

 

デザインはgraphunki(グラファンキー)さんというデザイナーさんに頼みました。

http://www.graphunki.com/

サイトを見ると、あらゆるタイプのデザインをされてて、しかもセンスいいです。

チラシからウェブサイトや、デザインできるものはなんでもやってくれるそうですよ。

 

で、実物!!ドドン!! (会議室のホワイトボードが…)

なんだかスポーティーなウエアになりました。

手触りもなかなか良いです。

 

そして、このジャンパー、販売いたします!

 

販売価格は、ほぼ実費の値段で提供いたします。(←本当)

 

実はツナギバージョンも考え中です。

 

 

 

 

 

 

 

専務のぬか喜び。

テーマ:

ずいぶん間があいてしまいました。

 

え!?明日から8月ですかい??

どうりで平日なのに学校に行っているはずのヤングをよく見かけると思った。

 

それはさておき、今月、専務が島根の浜田港に出張に行っていたのですが

帰ってくるなり「ブログネタ!ブログネタ!!」と嬉しそうに送って来たのがこの二枚の画像。

 

益田駅

 

そして何やらチケット・・・

 

専務によると、地域振興会石見空港から益田駅までの

タクシーと益田駅から浜田駅までの鉄道料金がなんと無料!!

地域振興会が補助を出しているそうで、

増田↔浜田のチケット7,600円の文字に「いやっほう~!!」と思ったら回数券の

バラだったのでガックリしたらしい。7,600円÷10枚……

そしてネタになる!とチケットの写真を撮ったようで、地面に直置きしての撮影

 

にしても、片道760円、悪くはないですよねえ。

難波から奈良まで南海高野線とJR使って片道710円ですよ。

……って、なんでその路線?? 

 

 

さて、さて、港湾海洋調査士の受験申し込みについてでございますが、

こちらは受験資格がございます。

詳しくは下記のリンクの受験案内を見ていただきたいのですが

http://www.jamsa.or.jp/images/chosashi/pdf/30jyukenannai.pdf

 

ここではできるだけわかりやすくご説明したいと思います…(希望)

 

まず、港湾海洋調査士(以下、士補)の資格、もしくは港湾海洋調査士(以下、調査士)の別の部門の資格を持っている、そしてCPD登録ソフトでポイントを管理していることが前提でございます。

 

うお座 必要経過年数

士補の資格を取った受験年度から

大卒:5年以上

その他:8年以上

経過していること。(調査士の別部門を持っている方は必要経過年数は免除です)

【例】平成23年度に士補受験し資格取得した場合

   大卒→平成28年度に受験可能

   その他→平成31年度に受験可能

 

うお座 必要実務ポイント(実務CPDポイント) 

今年度(受験年度)より過去10年の間で、

大卒:1年間に30ポイント以上×5年間分

その他:1年間に30ポイント以上×8年間

※受験年度から2年以内の実務ポイントは必須!!

 

そして受験申し込みに必要なもの

イルカ受験願書(受験票 兼 受講票)

 左右記入してそのまま送ってください(くれぐれも切り離さないように…)

 

イルカ最終学歴及び保有資格等調書

 

イルカ受験免除のあるかたはこちらも。受験免除申請書。

 

 

イルカそしてCPD登録ソフトから打ち出す書類と添付書類

 

・受験資格予備審査報告書

 (今年がきっちり5年、8年経過の場合、ソフトのバグで経過年数が不足と出る場合があります。申し訳ございません。 要注意です。)

 

・実務経歴 一覧表

 

・実務経歴シート (本人印・証明者印) 押印忘れずにーー!!

 

注意(重要)必要添付書類

各実務には調査職員通知書・担当技術者通知書の写し等(テクリスも可)など、

従事した実務を証明できる書類を付けてください。(補助技術者でも!!)

 

書類審査後、受験票、案内を発送したします。

不備のある人は試験事務局からお電話が行きます。

 

結局簡潔に説明できているのかは不安ですが、ウェブサイトの受験案内を

じっくりと確認のうえ、慌てず書類を揃え、送ってください。

 

忘れそうになっておりました。

あとは受験料。

調査士の受験料は

23,000円でございます。

 

ゆうちょでお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは港湾海洋調査士の受験申しこみについてのご説明を。

 

港湾海洋調査士

どなたでも受験可能です!

港湾海洋調査調査士の資格取得に必要な資格、それは港湾海洋調査士

まずはこの資格だ!!何のノリだ?

 

必要書類や入金についてはコチラ。

ダウン

 

1.受験願書(受験票 兼 受講票)

  左右に記入して印鑑と写真を忘れずに。

  真ん中に線が入っていますが切り離さないでクダサイ!!

  たまに切り離して片方だけ送ってくる方がいます…。

2.A4サイズ封筒(角2)この封筒で受験票や書類を送付します。

  送付先を書いて140円切手を貼ってください

  

 

3.定型封筒(長形3)この封筒は結果通知用です。

  こちらも送付先を書いて82円切手を貼ってください。

  

 

4.ゆうちょで受験料・受講料の払い込み。

  払込用紙の記入見本はコチラ。

  「士(土質)」のところは「」になります。

 

 

以上が港湾海洋調査士の受験申し込みに必要なものです。

 

詳しくは協会ウェブサイトの受験案内へGO。

書式もここにあります。

http://www.jamsa.or.jp/images/chosashi/pdf/30jyukenannai.pdf

 

 

 

そしてよくある質問!!(士・士補共通の質問です)

 

Q:受験申し込みと払い込みのタイミングが前後してもいいですか?

A:問題なし!

 

Q:払込票の控えは送らなければなりませんか?

A:ゆうちょから控えが届きますので控えやコピーは不要です。

 

Q:会社から数名申し込むのですが、まとめて送付、払い込みはできますか?

A:まとめて申し込み書類を送っていただいても問題ないですが、

  返送用の封筒(2種類)はそれぞれの分を送ってください。

  (まとめて返送すると重量オーバーになるので)

  払い込みはまとめてもOKですが、かならず受験者の氏名、や研修受講種類などの

  内訳を通信欄に記入してくださいませ。

 

以上、調査士補の受験申し込みについてですが、おわかりいただけたでしょうか?

 

次に調査士の申し込みですが、説明事項が多いので

少々お待ちを・・・。