コンニチハ。


かなや整骨院です。


業界紙(柔道整復のほかに鍼灸関連の記事も載ってる)を見ておりますと小児はり学会で「ADHDと疳の虫は同疾患である」というお話があったそうです。


小児はり、とか小児鍼とかいわれるものはいわゆる接触鍼といわれるものでいろんな形の鍼で体の表面をこするようにして刺激を与え「気」の流れを整える治療法です。


鍼灸師の家人によれば疳の虫には大変よく効くそうです。


発達障害は運動器系の緊張を緩めることで改善する、とあたかも新発見のようにワタシは喧伝していましたが、


そうやん、小児鍼があるんやんか。


小児鍼は鍼灸師(正確にははり師)の国家資格がないと施術できませんから無資格者にわけのわからん施術を受けるよりもはるかに安全です。


クラニオセイクラルが学習問題や発達の問題に有効であるのは間違いのないところではあるんですけど小さな子供さんでクラニオに付き合ってくれないケースなら小児鍼、お勧めです。