この子、とっとく?いらない? | UMIの麻雀日記

UMIの麻雀日記

麻雀徒然日記


テーマ:

ターツ(あと一個で面子になるペアのこと)の有利不利を覚えて、だいぶ実戦に活かせるようになってきた今日この頃です。

が、自分の手作りだけを見たとしても、ターツの有利不利だけで判断できる手ばかりではありません…。なんかその辺がいっぱいくっついてゴチャゴチャとしていて私を惑わすのです。

今日はそんな脳内放浪記〜着地点とくになし〜日記なので、あんまり真面目に読まないで下さい笑

 

 

お世話になっている麻雀OZのブログ記事の例を引用させていただくと例えばこんなの。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三筒四筒四筒五筒六筒八筒

一見両面ターツ2三筒四筒5と面子四筒五筒六筒があるから、八筒いらない!ってなります。

でもよく見てみると三筒四筒五筒の面子と、四筒六筒八筒のリャンカンが見えます。

八筒七筒の受け入れになる大事な牌なのですキラキラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うんうん。そしてこういったパターンがいっぱいある。

 

他にも

一萬三萬四萬六萬八萬とか三索三索五索七索七索とか…ね…

 

うーーーーーーーーーーーーーん。

どうして、何がピンとこないのか自分でもわからないんですが…

何かしっくりこないんです。

 

おそらく「何をどうカテゴライズしてどう覚えれば良いのか分からない」んです。

たまに眺めている「妖精と学ぶ健康マージャン」というページの「途中受け・最終受け」という項目に「受けを広くとるための陣形(と私は解釈)」を軽くリストアップしてくれてあります。

…が、「受けて完成」「受けて捨てて完成」「受けて○○待ちの形完成」「受けて捨てて○○待ちの形完成」、そして更に何が完成するのか(面子2つ、とか面子1つ+アタマ、とか両面ターツ+アタマ…とか)がゴッチャになっていて、混乱するーーーー滝汗

 

このパターン達は暗記項目なのか、それとも経験を積めば感覚的に分かるものなのか。

 

 

昨日も

三筒五筒五筒六筒七筒七筒三筒をきって、後ろで見ていてくれた方に「あそこで三筒きっちゃダメよ」と言われ、あ、そっか四筒の受け入れか。と気づく始末。

 

どうしようかなあ。

とりあえず先述のページにまとめてくれてある例だけはちゃんと覚えようかなと思います。

 

{6EC4EC8E-A7C3-48C3-AE04-18348CEFE823}

 

 
{EC317861-F917-417C-A974-2A73782B122B}

 

{74E15FC5-A7D7-4A71-8738-A672818354D7}

 

 

 

 

 

 

今日もよく分かんないのいっぱいあったよ…泣 

 

 

明日は船橋で友達と打ってきます。

家族以外の知り合いと打つのは、それこそAさん時以来。

勝ちたい…本当に!!

頑張ってきます!!

 

UMI(佐々木櫂)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス