こんにちはかいとです。

 

前回は、留学生の記事を紹介しましたが、今回は外国人実習生の記事を紹介します。

 
ベトナム人は、自国よりも高い賃金を得られる日本で働くことで、ベトナム人は稼げるし、日本の技術を習得できる。
そして、日本の企業は人手不足の中、安い賃金を獲得できるわけです。
 
しかし、この外国人実習生を現代版奴隷制度のように利用している日本企業がいるんです。

外国人研修生制度という日本の現代版奴隷制度の実態

で先日放映されたガイアの夜明けでは、この実習生制度を悪用している企業にかなり食い込んだ取材を行って放映されました。
NEVARまとめで概要がわかります。
 

 

 

 

たまたまセシルの名前が上がっているけど、日本製の衣料でも低賃金の外国人が作ってメイド・イン・ジャパンをうたっているのはまだまだあります。

べつに外国人が作ること自体は悪ではないのだけど、日本で決められた最低賃金以下で働かせているのが問題ってことですね。

 

他人を不幸にしながら、家族や自分が幸せになれる、なんてことはないと思うんだけど。

こんなことに関わっている本人が、本当は一番苦しいんじゃないかな。

 

最後にポチッとCám ơn(ありがとう♪)

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

 

SNSはこちら

Facebook:https://www.facebook.com/vietstar21/

Twitter:https://twitter.com/vietsuke

 

読者登録はお済みでしょうか。

 
AD