こんにちは、かいとです。

他ブログで書いていた子育て日記を、こちらのブログへ引っ越すことにしました。

 

うちの息子くんはマメオとよんでください

うちの息子くんは、日本人の父とベトナム人の母を両親に持つハーフです。

今年(2019年)の2月で5歳になりました。
ところで、うちの息子くんでは、なんだか愛着も沸かないですね。
皆さんに覚えてもらえるよう愛称を付けたいです。

うちの息子くんは顔の形が豆っぽく、一部の人からマメオと呼ばれていますので、
このブログではマメオと呼びましょう。

今回は2歳の頃のお話です。

靴を嫌がる1歳のマメオ

そんなマメオは、生まれた頃から靴下を履くのや帽子をかぶるのを嫌がっていました。
とにかく、窮屈なことが嫌いなんです。
ですので、1歳になるまではほぼ素足で生活していました。

さすがに1歳になり歩くようになると、素足のままでは危険なので、
靴を履かせようとしましたが、
無理やり履かせても、泣くだわめくだ、自分で脱いでしまいます。

僕達は共働きなので、日中マメオは妻の実家に預けています。
実家にはマメオの祖母と叔母夫婦、そしてお手伝いさん(乳母さん)がいます。
ベトナムの家庭では子供にあまり厳しくないので、マメオは毎日やりたい放題やっているようです。
お手伝いさんに靴を履かせるように頼んでも、しばらくすると靴を脱いでしまいます。
ちなみに、上着を着るのも帽子をかぶるのも嫌がります。

そんなことの繰り返しで、2歳になるちょっと前(2015年の末頃)までほとんど素足で外に出かけていました。
2015年の8月に日本に家族揃って行った時も5日間マメオはずっと素足でした。
日本で出会う子供達はみんな靴を履いていましたが(汗

マメオが自分から靴を履くようになった

そのマメオが、2歳になり自分から積極的に靴を履くようになりました。
何かきっかけがあったわけではないです。
それまで諦めずマメオに靴を履くように促してきた成果が実ったのだと思います。
厳密に言うとまだ自分一人では靴を履けません。
ただ、自分から靴を履こうという意志を見せるようになったのです。

2015年の後半からは、出かけるときは無理やり靴を履かせていました。
1時間くらいは我慢できるのですが、長時間になると靴を脱いでしまいます。
それでもめげずに無理やり靴を履かせ続けました。

一番効果のあった方法

こどもは家にずーっといると飽きてきて、外にでかけたくなりますよね。

マメオは外に出たい時、玄関の扉に張り付いて泣き叫びます。
しばらく放っておいて、泣きつかれた時に、靴を履くのを促します。

最初は、靴を履くのも嫌がっていましたが、靴をちゃんと履いてからでないと外に出かけませんでした。
そのパターンを繰り返しているうちに、自分から靴を探して、靴を履きたい意思を示すようになりました。
マメオの中で、

外に出かける=靴を履くこと

がつながったのです。

ヘルメットはかぶるが帽子は嫌がる

実は、マメオがヘルメットをかぶるようになったのも同じパターンでした。
マメオはヘルメットをかぶるのも嫌がっていました。

でも、マメオはバイクに乗るのが大好きなので、ヘルメットをかぶるまでバイクに乗せないようにしました。
するとすぐヘルメットをかぶるようになりました。
これは、1歳になったばかりの頃の話で、靴を履くよりだいぶ前にヘルメットはかぶるようになっていました。
マメオの中で、

バイク=ヘルメット

がつながるのが早かったんですね。

 

ちなみに、2歳になっても帽子をかぶらせようとすると、未だに嫌がってすぐに脱いでしまいます。
まだ、帽子とつながるものがないからです。

僕たち両親も無理に帽子をかぶせる理由がないので、
いつかは自分から帽子をかぶるようになるだろう、

って思っております。(5歳になったいまでも、帽子は暑苦しくて苦手なようです)

 

★かいとのウェブサイト★
PHOTOSTAR★
VIETSTAR★
★かいとのSNS★
INSTAGRAM
TWITTER
FACEBOOK

★かいとのプロフィール★

PVアクセスランキング にほんブログ村