ベトナム人は朝食を家で食べず、外食が多いです。

日本のコンビニ以上に、朝のベトナムは屋台が多いため、フォーを道端で食べたり、今回紹介するバンミーと呼ばれるベトナム風サンドイッチを屋台で買ってテイクアウトします。

 

バンミーは一見サブウェイのサンドイッチのように見えますが、食すると全く別物です。

 

まずは、ベトナムのパンは柔らかいフランスパンです。

この柔らかいフランスパンというのは、日本人にはあまり馴染みがないですよね。

フランスパンといえば、かたいイメージがありますもんね。

 

さらに、具がベトナムならではです。

一般的なバンミーの具は、皮付き豚肉にキュウリや人参などの入ったなます、そしてみんな大好きパクチーです。

タレは自家製のタレであったり、ただベトナム醤油をかけるだけだったり、屋台ごと違います。

あとはオプションで、チーズや目玉焼きを追加してもらうことも可能です。

屋台での販売価格は、だいたい1万ドン(50円くらい)~

 

 

僕も週に2~3回は屋台のバンミーで朝食を済ましています。

 

最近は、日本にもベトナム人が増えていえるので、本格的なバンミーを食べられる店があり、しかも行列になっています。

高田馬場「バインミーシンチャオ」オープン!先行し認知度高い行列店

 

ちなみに、日本では柔らかいフランスパンが手に入りづらいため、パンを焼く業者を探すのに苦労したそうです。
 

↓お帰りの前にポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ