ピートル(スクロキシ水酸化鉄)作用機序・特徴

(ピートル顆粒分包250mg/ピートル顆粒分包500mg)
(ピートルチュアブル錠250mg/ピートルチュアブル錠500mg)

効能又は効果:

透析中の慢性腎臓病患者における高リン血症の改善

 

用法及び用量:

通常,成人には,鉄として1回250mgを開始用量とし,1日3回食直前に経口投与する。以後,症状,血清リン濃度の程度により適宜増減するが,最高用量は1日3000mg(500mg6錠)とする。

 

【 作 用 】

多核性の酸化水酸化鉄の配位子(水酸基と水和物)がリン酸と結合し、リンの吸収を抑える。

  • 主な副作用は494例中、下痢(22.7%)
  • ピートルチュアブル錠は噛み砕いて服用
  • 便が黒くなることあり(鉄の影響)
  • 口の中が茶褐色に着色することあり
  • リオナと同様に鉄とリンが結合することにより体内へ吸収されないようにする
  • ピートルはホスレノールより水に溶けやすいため2、3回噛んで少量の水と飲む

  • ピートル250mgでホスレノール®250mgとほぼ同等目です。