リオナ(クエン酸第二鉄)作用機序・特徴

(リオナ錠250mg)

効能又は効果:

慢性腎臓病患者における高リン血症の改善

 

用法及び用量:

通常,成人には,クエン酸第二鉄として1回500mgを開始用量とし,1日3回食直後に経口投与する。以後,症状,血清リン濃度の程度により適宜増減するが,最高用量は1日6,000mg(1日24錠)とする。

 

【 作 用 】

第二鉄(3価鉄)が消化管内のリン酸と結合し、リンの吸収を抑える。

  • 第二鉄(3価鉄)はフェロミアなどの第一鉄(2価鉄)と比べて消化管から吸収されにくいため、リン吸着薬としては適している
  • 主な副作用は801例中、下痢(10.1%)便秘(3.2%)腹部不快感(2.5%)血清フェリチン増加(2.7%)
  • 便が黒くなることがある(鉄の影響)
  • ホスレノール®250mg1錠に対してリオナ®1錠でほぼ同等
  • 他の鉄含有製剤投与中の患者[鉄過剰症を引き起こすおそれがある。]