誰かと食事をすることが苦手な会食恐怖症メール相談室

誰かと食事をすることが苦手な会食恐怖症メール相談室

誰かとご飯を食べる時に吐き気がする、震えるなど、恐怖や不安を感じて色々な症状がでる会食恐怖症の方へメール相談を受けています。

こんばんは。

ブログの更新がカメ並みに遅いゆんです^^;

 

今日は、会食恐怖症を克服するためには

どうしたらいいのか?をお話ししていきます。

 

会食恐怖症を克服するためのポイントは3つあります。

 

①正しい手順で会食の練習をすること

②前向きな考え方を身につけること

③リラックスした状態で

 過ごせるようになること

の3つです。

 

①正しい手順で会食の練習をすること

会食の練習というと

会食に慣れる為の練習だろうなー

と思いますよね?

 

実はそれだけではなくて、

その人が持つ会食に対しての

「誤った前提を改めるため」の練習でもあるのです。

 

「誤った前提を改めるため」の練習でないと

何回練習を重ねてもあまり効果は

感じることはありません^^;

 

自分がどんな「誤った前提」を

持っているのか考えてみてくださいね。

 

②前向きな考え方を身につけること

会食恐怖症になってしまうきっかけとも

関係するのですが、

症状が出ている状態の時は

自己肯定感が低くなっている方が多く
ネガティブな思考になってしまいがちなんです。

 

例えば、頑張って会食の練習をしたけれど

気持ちが悪くなって食べられなかった場合

A:食べられなかったけど、

  チャレンジ出来て良かった

B:食べられなくてダメだった

AとB、どちらが改善しそうに感じますか?

 

多くの方がAの方だと思うのでは

ないでしょうか?

 

③リラックスした状態で過ごせるようになること

日常生活をリラックスした状態で過ごせれば

症状が出にくくなったり、

症状が出たとしても軽くなることに繋がります。

 

そのためにリラックスできる習慣だったり

趣味などがあることが大切です^^

私が初めてこの3つのポイントを知った時

まず②に食いつきましたね~

前向きになんて無理だよ!と(笑)

 

私自身はかなり後ろ向きで

ネガティブ思考の人間なんですよね(笑)

偉そうに書いてますが

今でも超ネガティブモードな時も

もちろんあります。

 

人間は誰しもバイオリズム、

良い時と悪い時の波があります。

なのでネガティブがあってはいけない

ポジティブではないといけない

ということはありません。

 

いつも前向きである必要はないですし

なれるものでもありません。

 

だってそれが人間なんですから(笑)

だから安心してくださいね^^

 

焦らずのんびりゆっくりと

改善に向かって歩いていきましょう♪

 

食べられることができたら

仕事も旅行も恋愛も

今よりももっと楽しめます。

 

一人で悩まないでくださいね。

大丈夫。

 

 

お問合せ・ご相談はLINEまたはメールから
友だち追加

メール相談はこちら

※返信まで2~3日いただきます