花鈴花 -karinka-

花鈴花 -karinka-

小説家とトイプードルの陽気な日々
<花衣沙久羅の徒然わんこLife>

【お知らせ】
集英社eコバルト文庫
8月23日配信開始
<少年たちのハイパーロマンシリーズ>
『戒-KAI-』(イラスト:有那寿実)
『恋-REN-』(イラスト:有那寿実)
『愛-AI- [Side-X]』(イラスト:有那寿実)
『愛-AI- [Side-Y]』(イラスト:有那寿実)
『愛-AI- [Side-Z]』(イラスト:有那寿実)
『恋愛-REN・AI-』(イラスト:有那寿実)
『舞-MY-』(イラスト:有那寿実)

<きみがほしいシリーズ>
『きみがほしい~Wish you were here~』(イラスト:有那寿実)
『きみがほしい2~Wish you were here~』(イラスト:有那寿実)
『きみがほしい3~Wish you were here~』(イラスト:有那寿実)

<蒼シリーズ>
『蒼のソナチネ』(イラスト:禾田みちる)
『蒼のプレリュード』(イラスト:禾田みちる)
『蒼のラプソディ』(イラスト:禾田みちる)
『蒼のノクターン』(イラスト:禾田みちる)
『蒼のアリア』(イラスト:禾田みちる)
『蒼のルフラン』(イラスト:禾田みちる)
『蒼のトッカータ』(イラスト:禾田みちる)
『蒼のカデンツァ』(イラスト:禾田みちる)
『蒼のスケルツォ』(イラスト:禾田みちる)

7月26日配信開始
『地球(ホーム) きみは天使の夢をみる(上)』(イラスト:氷栗優)
『地球(ホーム) きみは天使の夢をみる(下)』(イラスト:氷栗優)
『月(キス) ぼくは天使に恋をする(上)』(イラスト:氷栗優)
『月(キス) ぼくは天使に恋をする(下)』(イラスト:氷栗優)
『銀河(オペラ) ぼくらは悪魔に恋をする』(イラスト:氷栗優)
『惑星(ラヴソング) 天使は宇宙から舞い降りる』(イラスト:氷栗優)

7月19日配信開始
『A! 満月のトキオ・ヘヴン』(イラスト:里中守)
『B! 宿命のツインズ』(イラスト:里中守)
『C! 天使のアリア』(イラスト:里中守)
『野郎!~戦国のヴァンパイア』シリーズ(イラスト:里中守)
『倭ーYAMATOー〈俺たちの創世記〉』シリーズ(イラスト:石堂まゆ)

7月5日配信開始
『英国花嫁組曲』(イラスト:早瀬あきら)
『魔法執事クロード・エヴァン』(イラスト:氷栗優)
『エデン≪少年たちの創世記≫』(イラスト:和深ゆあな)
『エデン≪光と闇の詩≫』(イラスト:和深ゆあな)
『エデン≪明日への翼≫』(イラスト:和深ゆあな)
『恋愛少年 星の彼方のラヴマシン』(イラスト:極楽院櫻子)
『恋愛少年 愛と死のラヴメカニズム』(イラスト:極楽院櫻子)

6月28日配信開始!
『きみが魔法使い』(イラスト:小林久鷹)
『ガーディアン・プリンセス』(イラスト:早瀬あきら)
『盗まれたガーディアン・プリンセス』(イラスト:早瀬あきら)
『求婚されたガーディアン・プリンセス』(イラスト:早瀬あきら)
『恋におちたガーディアン・プリンセス』(イラスト:早瀬あきら)
『誘惑されたガーディアン・プリンセス』(イラスト:早瀬あきら)
『約束されたガーディアン・プリンセス』(イラスト:早瀬あきら)
『永遠に愛されたガーディアン・プリンセス』(イラスト:早瀬あきら)

集英社デジタルコンテンツとして
花衣沙久羅の既刊が続々配信中

楽しいこと、ちとシンドイこと、怒ったり笑ったり悲しんだりニヤリとしたり……等々、書きたいことはいろいろあれど、時間を使いこなせず、ブログの更新がなかなかままならないので(すみませんっ)、しばし、ツイッターをブログっぽくしてくれるツイログなるものを貼っておきますね。
ツイログ;
https://twilog.org/kai_sakura

JR九州ホール(博多シティ9F)で開催中の『「世界を変えた書物」展』に行ってきました!


凄すぎてクラクラした。

本気で古書から人類の叡智の亡霊たちが立ち上がって歩いてくるようだった。

感動したー!!!ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

 

 

展示物の下は鏡になっていて、書物の装丁も眺めることができる。

時を経ても生きているなあ。生命力を感じます。

 

入場無料に写真撮影オッケーとはまた豪気な👌

ほぼ全部収めつつ必死で眺めてたら貧血起こしかけました💦

時代順に並べられていて、人類科学の進展を実感として味わうことができます。

圧巻……!

 


本当に、こんな素晴らしい展示をありがとう! 金沢工業大学ライブラリーセンター!

と言いたくなりました。

会期中にもう一度行けるといいなあ…。そんな時間はないか……。

 

集英社スーパーファンタジー文庫で書かせてもらったデビュー作、近未来SFの『戒-KAI-』から始まる<少年たちのハイパーロマン>シリーズは、スーパーファンタジー文庫がなくなって、もう読んでもらうことはできないのかな、と思う日々が長く続いていました。

このたび、集英社eコバルト文庫にて、ようやくデビュー作が電子書籍化されることになり、本当に嬉しいです。

 

これでデビュー作からこちら、集英社で出版された花衣沙久羅の既刊のほとんどが電子書籍として永久保存されることになりました。

末長く、どうぞよろしくお願い申し上げます。

                          ……photo by Seiu

 

■デビュー作シリーズ他 8月23日配信開始!
<少年たちのハイパーロマンシリーズ>

『戒-KAI-』『恋-REN-』『愛-AI-』シリーズのイラストを有那寿実さんに描いていただけたことは本当に幸運だったなと今でも思います。同人界でカリスマ的人気を博していた有那さんに、どうしてもセラとタクヤ、そしてレンとイサミを描いてほしくてお願いして実現しました。

少年たちのハイパーロマンシリーズ(シリーズ名はだいぶ後につけられました)は、電子書籍もイラスト入りです!

(あらすじは集英社eコバルト文庫の作品紹介サイトから転載)

『戒-KAI-』(イラスト:有那寿実)

モデル仲間とディスコで気楽な一夜をすごす……はずだった。だが、その夜はスペースコロニー「KAI」のトップモデルTAKUYAの運命を決定的に変えてしまった! 有島拓也の前に現れたエメラルドの瞳の美少年、深沢世羅。拓也はひと目で熾天使セラフィムに恋し……そして、セラもまた……。しかし二人の愛の暮らしも長くは続かなかった。ある日、突然セラは失踪……そして、再び拓也の前に姿を現したセラは、まったくの別人だった……!? 二人の恋人を翻弄する巨大な陰謀とは?
 

『恋-REN-』(イラスト:有那寿実)

世紀末シティ・トキオ。シンジュクでは、ストリート・キッズのグループが、激しい闘争を繰り広げていた。レンは、新興勢力グループ「レッド・ドラゴン」のヘッドだ。ダーク・イーストとの抗争のさなか、レンは、敵のヘッド、イサミの手に落ちてしまう。強引に凌辱されたレンは、50メートル離れると作動するというLB(ラヴァーズ・ボム)を仕掛けられ、イサミから逃げられない。レンを狙っていたのは、イサミだけではなかった。レンの遺伝子が持つβ―40の秘密をめぐり、巨大な組織が暗躍していたのだ!!


『愛-AI- [Side-X]』(イラスト:有那寿実)

「β―40」を発現させ「目覚めたる脳(ハイパー・ブレイン)」の所有者となったレンは、大深度地下都市(ジオポリス)の進化科学研究所で、イサミと能力向上の訓練をしていた。レンの頭脳を狙う者は多く、セラのアシストのない状態では、いつレンの能力が爆発するかわからないのだ。そんな時、シティ・トキオから緊急連絡が入った。レッド・ドラゴンの本拠地、ハルミ・テレポートタウン跡地で、乱闘が起こっているという。警備網を突破し、イサミと地上に舞い戻ったレンが見たのは、バラバラに分裂したグループの姿だった!


『愛-AI- [Side-Y]』(イラスト:有那寿実)

百余年に及ぶタケルへの愛と野望を実現するため、カース=マハール率いる企業体エイジアは、国連に対し宣戦布告した。カースの要求は、進化科学研究所の独立と、地球及び月領域におけるすべての主権を彼に委ねること。なぜかエリアスと同じ容貌を持つカースの秘密を暴き、レンを奪回しようとするイサミは、敵の本拠地・進化科学研究所に侵入することを決意する。一方、捕らわれのレンは地底王国(ジオ・キングダム)でカースに蹂躙されていた。カースの目的は、タケルの脳をレンに移植することだった!!


『愛-AI- [Side-Z]』(イラスト:有那寿実)

シジフォスの罠とは知らずに進化科学研究所へ侵入し、囚われの身となってしまったイサミ。彼を盾にして企業体エイジア総帥カース=マハールは地球改造計画(テラフォーミング・プロジェクト)への「目覚めたる脳(ハイパー・ブレイン)」の協力をレンに迫る。そのころ、国連事務総長は国連軍を率いてエイジアの本拠地・地底王国(ジオ・キングダム)をレンもろともに攻撃する決意をし、それを聞いたセラはレン救出のためにアリシマ・グループの私設軍を率いて地底王国へ突入する決定をした。地球と人類、すべての運命の鍵を担わされてしまった少年レンが選ぶ道は!?


『恋愛-REN・AI-』(イラスト:有那寿実)

『戒』『恋』『愛』シリーズの、本編には入りきらなかったエピソードの数々を集めて――。「β―40」を発見し、レンたちを争いに巻き込んだ張本人、タケル・オザキとカース=マハールの危険な関係。逃亡生活を繰り返すなかで育まれた、まだ子供でおちゃめなレンと育ての親アサノとの、イサミにもつながる絆。そして、タクヤと、彼を愛するファッション界の帝王・イヴとセラとの、三つ巴の愛情の行方は? 月の輝く夜にイヴはセラを訪ねて……。美しき三組の色彩が煌めく!


『舞-MY-』(イラスト:有那寿実)

レンが最期に渾身の力を振り絞って拡大させた精神波(オーラ)は子供たちの眠れる感覚を目覚めさせた。それまでの人間とは明らかに違う「超感覚(Pナーヴ)」を身につけた「新世代(ノーティ)」と呼ばれる若者たち。特にタナトスと呼ばれる少年に率いられた「魔族(アスラ)」というグループは徐々に勢力を伸ばし、国連を脅かす存在となっていた――。そのころ、イサミは進化科学研究所でエレンの成長を見守る日々を送っていた。人一倍優れた「超感覚(Pナーヴ)」と無邪気な子供の表情を持つエレン。だが、時にその瞳が緑にかわることは知らなかった。