ハロウィンレンくん♪

テーマ:

本日はハロウィーン♪
渋谷からの山手線の中でも、頬に恐ろしげな傷のある人々が乗っていたり、日本もだいぶ本格的になってきてますね~。
というわけで、オレンジ色がよく似合う、うちの白い愛犬にもコスプレしてもらいました!

 

Trick or treat!!!!!!

 

 

 

 

 

お友だちのタイラくんとw

 

みんな、楽しく過ごしてね!!

 

撮影:AnimalArtNoBrand

 

富山という故郷

テーマ:

故郷といっても、両親の故郷です。富山県。

私にとっては、雪が自分の背より高く積もるところ、初めて食べた甘エビが信じられないくらいおいしかったところ。
どちらも小学生くらいの頃の話ですが。
 

NHKのイッピンという番組が好きなんですが、さっき偶然、富山のガラス製品の回が流れていて、以前、父の誕生日に贈った焼酎グラスがすごく素敵だったことを思い出しました。
特に意識せずに父に似合うかなと思って選んだ創作グラスでしたが、アーティストのプロフィールを見てみると、偶然富山の、それも父の出身地である高岡市の方だったんですねー。
富山には富山ガラス造型研究所などもできていて、そのガラス工芸への取り組みは高い評価を受けているようです。

というわけで富山のことを思い出したので、先日、法事で行った旅の記録を残しておくことにしました。

初めての北陸新幹線。

なんという格好良さ! スレンダーな美女のようです。
 

行きはとてもいいお天気で蒸し暑く、軽井沢から上田あたりを過ぎる車窓の眺めはとても綺麗でした。

撮ったときは気づかなかった飛行機雲。

 

車内で白ワイン。

こんなの出てたんですねー。
新潟の焼肉弁当に合わせて買い求めてしまいました。

 

そういえば、東京駅の駅弁売り場の充実ぶりには圧倒されるものがありました。

ファンタスティック・ジャパン!

 

高岡の伯父の家のお庭には、充実の野菜畑が!

 

初日、新高岡駅に降り立ったら、息もできないくらいのものすごい暑さでびっくりしました。そういえば、ずいぶん前に母と夏に旅行した金沢も、北陸とは思えない猛烈な暑さだったなあと思い出しました。

二日目は雨で、少しホッ。

富山第一ホテルの部屋から見下ろした富山城。

富山といえば、ます寿司w

おいしかったーw
 

高岡の伯母さまからのお土産。以前、すごく好きだと言ったのを覚えててくださって、買ってきてくださいました。
『江出の月』。

薄~い青緑の丸い月。
富山湾に映る月をイメージした素敵な和菓子なんですよ~。
父方の祖父も母方の祖母もお茶をやっていて、幼い頃はお茶室に行くたび出されるあの苦いお抹茶が苦手でしたが、その前に出るお茶菓子はすごく好きでした。


日保ちはしませんが、こちらもおいしいお菓子『おもかげ』。
こし餡を求肥で包んだ、これまた優雅な和菓子。
黒部峡谷に楚々と香るしゃくなげを表しているそうですが、名前も風情がありますねえ。

めったに会えないたくさんの親族に会い、故人の思い出を語り合って、じわじわ目頭を熱くしたりして、とてもいい旅になりました。
富山はおいしいものがたくさんあるので、また訪ねたいなー。
北陸新幹線は初めて乗りましたが、横揺れもなくて快適でしたし、なんといっても東京からはぐんと近くなって楽~。
今度は氷見の寒ブリ目当てに、寒い時期にも行ってみたいものです。

夏の緑とフラメンコ

テーマ:

猛暑お見舞い申し上げます。

ほんとーーに毎日蒸し暑いですね。

わんこにはこの湿気というのが大敵です。気をつけてやらねば。

と思ってたら、先日昼間に外出したら自分が熱中症になりかけて、あわてて経口補水液を補給しました。

みなさんもお気をつけくださいませ。

 

友人から風船蔓(フウセンカズラ)のかわいい種(ハートマークがついてる)をもらって、6月にプランターなどに植えてみたのですが、これがこのところの猛暑でぐんぐん育っています。

毎朝カーテンを開けると、背丈が伸びててびっくりです。

3日くらい前。

 

今日のフウセンカズラ。

ベランダは南向きなので、1日中よく日が当たります。

グリーンカーテン用のネットを組み立ててみましたが、ちゃんとカーテンになるくらい伸びてくれるかしら?

 

熱中症警報が出る毎日ですが、そのせいなのか何なのか、夕焼けが日々非常に綺麗です。
アスファルトが熱いので、わんこのお散歩も夜7時近くにならないと危険なので遅く出るようになってるのですが、この頃に空を見上げるとため息が出るほど色鮮やかな夕焼け空を見ることができます。

井の頭公園連作w

水面がモネの絵そのままで、しばらく見とれてました。

こう見えてものすごく蒸し暑いので、ゆっくりと眺めてはいられませんが(笑)

 

これはうちの近所のいつもの川。

やっぱり水面に映った夕空が美しいですね。

 

夏といえばフラメンコ。

いや、夏に限らずフラメンコは素敵ですが、あの強い踊りは今の夏の強さに通じるものがある気がします。

新宿の伊勢丹会館6階にかつて入っていたフラメンコのタブラオ「エル・フラメンコ」が「ガルロチ(心・魂)」として生まれ変わって以来、ものすごいアルティスタが日本にやってきて、フラメンコの真髄を見せ続けてくれてます。こういうスペシャルな人たちをこれほど間近で堪能できるのは、ほんとめっちゃ贅沢で震えてしまいます。

ショーはディナータイムだけですが、ランチもやってるみたいで、先日行った友人がすごくおいしかった!穴場を教えてくれてありがとう!と喜んでました。(複雑。笑)

あ、もしショーを観ることがあったら、ぜったい2部まで観てくださいね。2部まで同じお値段だし、2部こそがガルロチの舞台の極みだと思うので!!

 

とか暑く、いや熱く語りつつ。

フラメンコとの付き合いも長くなってきたなあ。

いろいろしんどいことがあっても、フラメンコのレッスンのときだけは本当に頭の中フラメンコ一色になって没頭できるのが気に入ってます。

これほど大好きになれるものに出会えたのは、本当に幸せです。

ま、踊りのほうはまだまだまだ…の百乗くらい遠い道のりですが(遠い目)、好きこそものの上手なれ、という言葉を信じてコツコツと、踊ったりパルマ打ったり歌ったりしていこーと思ってます。

 

ではまた。

暑い日が続きますが、みなさん水分補給をマジで忘れず、ご自愛ください!!