切符を買う

テーマ:

 2019年6月4日(火)、晴れ。

 

 今月末に開催される交流会でセミナー講師を委嘱されたため、もっか説明資料の準備にイソイソと邁進中。

 会津地方の方々を対象とした県のお仕事だが、県職員OBとして地域産業の振興に少しでも寄与できるなら、望外の喜びである。

 

  トイプードル 

 

 さきほどは、東京出張のための高速バス乗車券を購入してきた。

 

 

 

 今回初めて利用するが、高速バス往復チケットと地下鉄24時間フリーパスがセットになったもの。

 いわき湯本インターから東京まで片道3,300円のところ、往復+地下鉄フリーで6,700円なので、少しお得のような気がした。

 

  バス 電車

 

 これまでは、電話で座席の予約をして、チケットをコンビニで購入していたが、このチケット(いわき号&サブウエイパス)は窓口販売のみである。

 

 始めは、10時過ぎに湯本駅前の営業所に行ってみたが、そこの窓口が開くのが11時30分で、まだまだ時間があるし、その開店時間も限定的なため、ここでは購入せず。

 その脚で、いわき駅前の営業所に行って購入した。

 

 切符に限らず、地元(常磐地区)のお店や窓口を守り、地域の振興を図るため、地産地消の観点から、できるだけ地元・近場で用を足すようにしたいけど、肝心の地域情報の集約や発信に関し、未だ不十分なところが多いかもしれない。