松久須根林道

テーマ:

 2019年6月2日(日)は、事務所に出勤した後、近所の林道を通ってガスステーションに向かう。

 草木台南側の松久須根林道付近。

 前回と逆方向に進む。

 

 松久須根林道終点

 

 

 木の葉っぱも増えて、ジムニーのボディにカサカサと引っかかるのが少しイヤな感じ。

 でも、福島市の山中サイクリングで生身の上に蛭が降ってきた時よりは少しマシ。

 (※ 鹿や熊をお得意さんとして、木の上に蛭がいるのだと思う。)

 

 しかしながら、だだっ広いいわき市は、海も川もあるし、山も山ほどあるので四季折々で楽しめる所だと思う。

 

 

 

 イノシシ注意の看板はあるが、松久須根林道は身近で手頃なドライブコース。

 ご近所さんでも、この辺の道を知らない人が多いし、通行車両もほとんどゼロ。

 

 松久須根林道始点

 

 

 小さな沼を回り込むようにして、更に林道を進む。

 だいぶ前にチャリで通ったこともある。

 小さな山を越える感じなので、短時間ながら冒険感も達成感もある。

 

 

 

 途中で、「あれ、猫がいる。」・・・・と思ったが、振り返った姿はハクビシンの子供のようであった。

 (ハクビシンっぽい顔、アライグマっぽい尻尾だったような気が・・・・)

 

 林道なので、天気が良くても、前に降った雨が残って水溜まりになっていることも多い。

 前回の林道走行で泥だらけになったジムニーを、昨日久しぶりに洗車したばかりだったので、なるべくゆっくり静かに通過する。

 

 

 

 小さな峠を越えて、途中、分岐を予想し、そちら側の新コースへと進むつもりだったが、分岐点の場所がよく分からなかった。

 

 

 

 今度またチャリで来て、分岐点を探してみよう。