事実

テーマ:

 2019年4月6日(土)、晴れ。

 この2~3日は暖かい。

 

 昨日の出張時には、岩間海岸(ウエストコースト・ポイント)に寄ってみた。

 午後2時過ぎ、上方からの眺め。

 風が強く、波悪く、だれもいない。

 

 

 

 新しくできた防災緑地の駐車場に初めて車を入れてみた。

 

 

 

 

 津波後に、高い防潮堤を作ったが、その高いところでも依然として海抜6.2m程度。

 東日本大震災クラスの地震の場合、津波が防潮堤を軽く越えることが予想されるので、油断は禁物だと思う。

 

 

 

 モニュメントも作られていた。

 タイムカプセル兼用らしい。

 

 

 

 タイムカプセルには、若者らしい夢があるなぁと思う。

 我々、中年以降のタイムカプセルは、掘り出す前にその存在を忘れるか、自分が先にいなくなってしまう可能性・危機感を感じる。

 その場合、タイムカプセルと言うよりも、埋葬品に近いのではないか?

 

  コイン

 

 しかし、今、話題の塚田議員は正直者だなぁとつくづく思う。

 強要もされていないのに、「安倍・麻生を忖度して、予算に調査費を計上した。」と、積極的に自白するんだから。

 人質司法で自白を強要されて、冤罪が作られる場合と違って、塚田議員の自白の信憑性は非常に高いと思う。

 

 ニュースを見ていた自分の母親は、「この人は正直なんだよ。正直者が辞めさせられる世の中なんだよ。」と言っていたが、自分も「確かにそうだよね。」と思いつつも、「辞めて免罪される状況じゃないでしょ。」という気持ちも強い。

 

 いや、待てよ!・・・・「忖度発言は真実ではなく、忖度した事実はない。」と、あらためて嘘をついている訳だから、正直者という評価は正しくないことになるな。

 忖度発言も既に口から出た事実だけど、しっかり予算計上されていることも事実(←こっちの方が特に重要)だから。

 マスコミは「(忖度)発言」を問題視しているけど、森友も加計も含め、その他の諸々に関し、権力者が忖度(暗黙の指示・目配せ・言い回し)などによって予算を私物化している現実が問題なんだと思う。

 権力者の私利私欲が国の行動原理になっている現政権下では、事実を矮小化したり、ねじ曲げることが非常に多すぎるので、我々も常に意識して注視しなければならないと思うよ。

 

  ラグビー

 

 さて、急ぎで頼まれていた書類が完成したので、これから郵便ポストに投函してこよう。

 

  サーフィン