除夜の鐘をつきました。

テーマ:

 12月31日~1月1日。

 年の変わり目にお寺に行って、我が人生で初めて、除夜の鐘をゴンゴンゴンと突きました。

 

 

 

 正確には、礼をして、ゴ~ン・・・・

 

 (余韻を確認しつつ・・・・)

 

 次のゴ~ン・・・・

 

 (再び、余韻を確認しつつ・・・・)

 

 最後のゴ~ン・・・・

 そして、礼。  鐘ペコ

 

  

 

 一番始めに、ご住職グループがお経をよみながら、「ゴン!ゴン!ゴン!×5人」と鐘を突き、我々にお手本を示してくださり、それをしっかり見ていた我々も迷うことがなく、鐘を突くことができました。

 

 お寺の中では年越しそばと甘酒の振る舞いがありました。

 外は気温が低くて、さすがに極寒なのだけれど、お焚き上げの炎がその寒さを和らげてくれます。

 

 

 

 そして、本堂での護摩供の後、お札を頂いて、自宅にお供えしました。

 

 その後、和醸良酒倶楽部の会長さんにお願いをして、蔵元から入手しておいた八海山を頂きました。

 

 

 

 純米吟醸生原酒、越後で候。

 このお酒は去年のお正月にも頂きましたが、直前に父親が他界したため、残念ながら父親と呑むことはできませんでした。

 

 今年も仏壇にお供えしてから頂きましたが、やはり旨い。

 母親の感想も、美味い・・・・。

 

 この八海山は、お正月の楽しみの一つです。