年賀状をやっと出す。

テーマ:

 12月29日(土)、晴れ。

 

 最強寒波の影響は、東北南端の海っ端にあって、しみったれた喩え(「東北のハワイ」、「東北の湘南」)で親しまれている、このいわき市にも少なからず現れている。

 今朝は、自動車がうっすらと雪を纏っていた。

 

 

 

 常磐事務所前の道路はこんな感じで、いちおう白っぽく見える。

 

 

 

 このようなしばれる逆境のなか、本日は、予想どおりに年賀状作成の山場となった。

 出勤途中のコンビニで年賀状本を購入し、「筆ぐるめ」(宛名担当)と「筆まめ」(デザイン担当)を併用しながら、年賀状を作成した。

 

 しかし、昨日、購入した年賀はがきが広告付きのはがきだったため、当初の予想に反し、若干の苦戦となった。

 

 

 

 ちなみに、その広告付きはがきがこれ。

 5円安くなっており、一枚57円。

 J-VILLAGEの広告だし、安いから良いか・・・と、深く考えずに購入した。

 

 しかし、古い年賀状ソフト(筆ぐるめ)を使っている自分の場合、このはがきでは宛先面の印刷エリアが小さくなるため、宛名と差出人を調整して印刷をしなければならないのである。

 

  ポスト・

 

 そのようなこともあり、当初想定では午後2時頃までに終了するはずが、結局は3時半頃までかかることになった。

 完成後、職場近くのゴーウチ郵便局のポストに出そうかと思ったが、やはり少しでも早く集配ルートに乗せた方が良いとの考えに至り、親分格のいわき郵便局まで往復20分の遠出をして投函することにした。

 

 いわき郵便局の帰り道、著名なごみ屋敷前を通ることになったが、ふだん見かけることがないオーナーの方が、ごみらしきビニール袋を一生懸命に家に押し込んでいるところであった。

 おそらく、大掃除の最中だったのかもしれない。

 

 自分もこれに見習って、ゴーウチ事務所とジョーバン事務所の大掃除をしなければならないところだが、今日は暗くて寒くなっているので、明日へ持ち越しとすることにした。