6月29日(微妙な天気)

 

 津軽半島・夏泊半島・下北半島をレンタカーで走行。

 「新青森⇒竜飛⇒夏泊⇒大間⇒下風呂温泉郷」と1日で回るので超忙しい。

 のんびりしていられません。

 (普通は、津軽・下北のそれぞれが1泊2日コースみたい。)

 

 【津軽半島】

 

 竜飛岬・・・・1年ぶりか?

 相変わらず風が強い。

 北海道も下の方が少し見える。

 

  

 

 竜飛から小泊に向かう竜泊ライン最高地点(眺瞰台)では、立っているだけで吹き飛ばされそうな暴風が吹き荒れていた。

 

 

 

 前回と逆回りで走行したので、前は通り過ぎてから気付いたものも早めにチェックすることが可能。

 

 

 (七つ滝)

 

 【夏泊半島】

 

 先日、地図を確認していて、津軽半島から下北半島に向かう途中、小さく出っ張っていることに気付く。

 なんと、ほたての名産地だ。

 夏泊ほたてラインで、ほたて型の夏泊半島を高速一周。

 先っぽの小さな島(大島)には歩いて渡れるが、それは次回。

 

 

 

 【下北半島】

 

 本当は下北半島1周したいところだが、とりあえず、おそらく2年ぶりの大間崎へ。

 夕方だったので、ほとんど誰もおらん状態。

 

 

 

 宿のチェックインを午後6時としていたので、下北半島西側(仏ヶ浦の方)には回れず残念。

 野辺地からむつまで、陸奥湾の海沿いを走行したが、無料の自動車道(下北半島縦貫道路)を利用すれば、ずっと時間を節約することができたはず。今回の反省材料だな。