6月22日(金)、梅雨の晴れ間で、今朝は雲一つ無い快晴。

 (今は雲も風も出てきている。)

 

 先日の福島市からの帰りでは、東和町のあじさい寺に寄ってみた。

 正式名称は高林寺。

 東和ロードレース大会のコース途中にある。

 

  

 

 いわき市と福島市を30年近くの間、R349とこの道を通って何度往復したことか・・・・

 お寺の看板を横目に見つつ、毎回通り過ぎていたのだが、今回は初めて寄ってみた。

 

 

 

 道路を挟んで、お寺の向かい側には広い駐車場もある。

 けっこう立ち寄る人も多い。

 でも、あじさいの見頃には、まだ少し早かったようだ。

 

 

 

 始めはパッと見て、「どこがあじさい寺なんだろ?」と思ったが、小さなお堂と池があって、その間から細い道を登っていくみたい。

 上の方は墓地になっていた。

 

 

 

 あじさいは一応咲いていた。

 でも、緑色の花が多くて目立たない状況でもある。

 坂道はなかなかきつくて、運動にはなる。

 

 

 

 

 

 

 

 マイナスイオンがバンバン放出されているような気がする。

 これからはヤブ蚊もブンブン放出されるかもしれない。

 

 途中には、モアイ像のような趣のある仏像もあった。

 

 

 

 しかし、今回初めて寄ってみて、「いったい、どうなってんだ?」という積年の懸案事項が解決したような気もする。

 また、あじさいが見頃の時期に寄ってみよう。

 

 この道路は、両脇にあじさいの花がたくさん咲いていて、震災前はとてもキレイ。

 この時期には、ここを通るのが楽しみだった。

 

 

 

 原発事故後は刈り取られたものも多かったのか、しばらくの間はパッとしない状況になっていた。

 でも、最近は、あじさいも少しずつ挽回しつつあるのかもしれない。

 

  あじさい。あじさい。あじさい。あじさい。