4月14日(土)、曇のち、これから荒天の予報。

 

 一昨日(12日)は、知的財産支援センター運営委員会&部会のため、弁理士会館(東京霞が関)に出張。

 その前に1時間ほど浅草を散歩した。

 

 仲見世は歩かない。

 いつも、六区や花やしきの方を回って浅草寺にお詣りする。

 メロンパンを売っていたので、これを昼食にした。

 確かに、看板どおりのフワフワの柔らかさだが、小さな原材料を大きく膨らませているということか…?

 

  

 

 

 国籍を問わず、非常に多くの人がメロンパンを食べていた。

 メロンパンの被り物も店の脇にたくさん置いてあり、自由に写真撮影が可能。

 親切な店だ。

 

 でも、メロンパン1個の昼食では、後ほど空腹に襲われるぞ。

 

  めろんぱん

 

 また、その並びの伝法院では、「伝法院庭園特別拝観と大絵馬寺宝展」という催しが行われていた。

 

 

 

 (※ 著作権を考慮して、念のため、写真をぼかした。)

 

 拝観料300円だが、これはお得!

 絵馬と言っても、馬の絵だけじゃない。

 時間が足りなくて駆け足だったので、もう一度見に来たいくらいの大作・名作揃い。

 

 そして、伝法院の庭園は、騒々しい浅草界隈とは別世界の静けさ。

 

 

 

 

 五重塔とスカイツリーもキレイに見える。

 

 

 

 大絵馬寺宝展は5月7日までなので、庭園がキレイに見えるお天気の日を選び、早めに行った方が良い。