筆ペンを買う。

テーマ:

 久しぶりに文具店で筆記具を購入した。

 最近は、100円ショップやコンビニで購入することがほとんどだったけど。

 

 

 

 左は、黄色のマーカーの交換用カートリッジ。

 3本入りでエコロジカル&エコノミカルである。

 

 真ん中は、ぺんてるエナージェルの「赤+黒+シャープペン」のペン。

 エナージェルのインクは速乾性で滑らかなので、弁理士試験でも一時的に使用していた。

 (※ 最終的には、速記性に優れた万年筆で論文試験は乗り切った。)

 

 右は携帯用の筆ペン。

 文化人の端くれとして、毛筆には親しんでいたい。

 先日は、100円ショップのダイソーで、般若心経の写経ノートを購入してみた。

 ペンでなぞった後は、この筆ペンで写経してみるつもり。

 侍みたいな絵は、知らんけど、ゲームのキャラクターなのか?

 

  森之助

 

 さっそく試し書きをする。

 

 

 

 ペンネームの「嘘生太郎」(うそうたろう)は、その名のごとく、素直じゃなく、ねじ曲がった印象。

 嘘ばっかりついていると天罰が下るぞ。

 

 ついでに、金融機関を回って記帳をし、図書館にも寄ってきた。

 なぜか、知財関係の新刊本が並んでいたので、まとめて借りてきた。

 これらは仕事に直結する内容なので、今年の目標-『学校等で学んだ専門分野外の本をたくさん読む。』のカウント外だな。

 

 

 

 

 

 

 

 この中で、『よくわかる音楽著作権ビジネス 実践編』は、読んで見て、もし役に立ちそうな内容なら、事務所で購入しようと思う。

 その他、職務発明関係の本もあった。

 急ぎで全部、パラパラッと中身をチェックしてみよう。