日帰り人間ドックに行って参りました。

 

 おおよそ健康体です。

 年のわりには立派だよ・・・・とお医者様にもほめられました。

 しかし、気になる点も多々あって、健康に留意しようという心持ちになりました。

 これも、健康診断を受診する効果でしょう。

 

 

 

 これは、健康診断に係る経費を日本弁理士会が助成していますので、申請書を提出する手続です。

 (最近、ぼかしテクを覚え、やたらと写真をぼかしています。)

 

 この助成も、もとはといえば、我々が納付する会費で営まれているわけですから、みすみす見逃すわけにはいきません。

 特許事務所に勤めている人達は、事務所の担当の方が手続をするのでしょうが、我々は自分のことは自分でしなければなりません。

 

 胃三脚

 

 ところで、

 一昨年、X線検査で胃に陰影が見つかり、胃カメラで再検査しました。

 異常はなかったですが、人生3回目の胃カメラは非常につらかったです。

 (これと別に、以前、耳鼻科で鼻から胃カメラを体験していました。)

 

 どうせ2回検査するなら、始めから胃カメラにしよう、

 口からじゃなく、鼻からだったら少し楽だろうし

 ・・・・ということで昨年(というか今年1月)は、鼻から胃カメラにしました。

 口から呑むよりはだいぶ楽ですが、やはり微妙につらいものです。

 

 今回も、惰性的に鼻から胃カメラにして3年連続の胃カメラ呑みとなりました。

 

 しかし、これもそれなりに身体の負担ですので、来年はバリウム呑みに戻る予定です。

 

 陰影が見つかり、胃カメラを呑まないことを祈るのみでしょう。

 

 お願いクマ