今年2度目の視察旅(3)

テーマ:
 あっという間に7月が過ぎて、8月も既に3日。

 我が国の政治状況のあまりの酷さにがっかり((´д`))し過ぎて、業務日誌の更新にも気持ちが乗らない状況でありました。

 暑い ・・・・ ホント、腹立つわぁ。

 しかし、前回の続き。
 視察旅の第三日目(6/30)が最終日。

 まず、盛岡駅からタクシーで岩手県立美術館に向かいました。

 

 7月12日までだったから既に終了していますが、「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち」を視察しました。

 美術館は、展示品のほかに、内外の空間やロケーションも重要なので、これを見て回るのも楽しみ。

 

 1時間ほど視察しましたが、もう少しゆっくり時間をかけたいところでした。

 

 美術館から駅に戻るのは徒歩。

 


 しかし当日は、風が強く気温も低めながら(※ タクシーで梅雨入りを聞いた)、静岡県下田から神奈川県浦賀と辿ってきた私の服装は、少々場違いな半袖ポロシャツ。
 震えながら、急いで駅に飛び込む有り様でした。

 


 その後、快速リアス線で宮古に向かい、北リアス線とリゾートうみねこで久慈から八戸へと海岸側を巡る予定でしたが、前日からの大雨で先の電車の見通しが立ちませんでした。
 残念ながら今回は諦めて、次回視察で再チャレンジすることにしました。

 


 盛岡駅では、わんこきょうだいに敬意をはらって、「じゃじゃ麺・ソバ・冷麺」の3兄弟を食べました。
 お椀が、わんこ兄弟。

 


 事務所で使う、鍋敷きトレーも購入。

 

 これで満足して、帰路につきました。

 でも、当日は新幹線も混雑していて、なんとか自由席を確保。

 郡山で磐越東線に乗り換えることも考えましたが、宇都宮での乗り換えを決行。

 幸いに、宇都宮から上野までの新幹線指定席、上野から湯本までの特急指定席が確保でき、待ち時間で宇都宮餃子を頂きました。

 

 宇都宮みんみんのお店を駅から見たら、食事時でもないのに行列・・・
 駅内にも、みんみんのお店があったので、こちらで「初みんみん」となりました。

 

 しかしながら、帰りの東北新幹線・常磐線特急とも、指定席は完売、自由席も一杯のようで・・・
 自分は、なんとか運良く、いずれも指定席を確保できましたが、今回の視察では反省点が多かった。

 1.計画性なく、「なんとかなる・・・」という思い込みはダメ。
 2.食べ物につられ、集中力が切れると、トラブル(切符紛失)になる。

 次回は、きちんとプランを練って、余裕をもって視察しよう。