湘南散策

テーマ:
 今日は湘南海岸を一日散策していました。

 


 自動車を運転して湘南に行ったことはあっても、これまで江ノ電に乗ったことはなかったし、学生の時には八王子市に住み、自転車で高尾山口駅まで行ったことはあっても、これまで高尾山には登ったことがなかったので、「これは一挙に江ノ電と高尾山だな!」と考え、前日夜にいわき市から高速バスで東京入りしました。

 

 午前中に江ノ電で湘南海岸を眺めながら藤沢から鎌倉まで移動し、午後からは高尾山に速攻登頂しようと目論みましたが、無理でしたね。
 30代の頃、福島市から冬の阿武隈山地を越えて相馬や原町の海にサーフィンに行き、そのまま自宅を通り越して山形の栗子や米沢のスキー場に直行してスノーボードをするという精神構造が未だに我が身に染みついている感じがしました。

 

 江ノ電の切符を買う時に、「海を見たら、途中下車しちゃうかな?」という考えが頭をよぎり、1日乗車券を買ったところ、すぐさま湘南海岸公園駅で降りたくなり、そこから江ノ島まで歩きました。

 


 近くで江ノ島を見たら、これもまた初・江ノ島なので折角だからと思い、江ノ島散策をすることにしました。江ノ島の端っこの岩場までの途中、見晴らしの良いお食事処でサザエの入ったラーメンを食べ、江ノ島ビールを飲んだら、「これは~、高尾山は無理だな~」と感じました。

 

 
 その後、江ノ島駅で江ノ電に再乗車し、途中の七里ヶ浜駅、稲村ヶ崎駅で下車して、波乗りのポイントを見に海岸まで歩きました。
 今日は天気が良く快適でしたが、湘南の海は小波コンディションでした。

 

 
 湘南は見所が多くて飽きないですが、波の様子、水や砂の綺麗さなど、いつも波乗りをしている豊間海岸の良さを改めて感じる一日でした。