キャラクター名刺

テーマ:
 国宝白水阿弥陀堂のキャラクター「徳ひめちゃま」も遂に、商標登録査定が届きました。
 早速、登録料を納付しましたので、3週後くらいには商標登録証が届くと思います。

 そのようなわけで、今後の「徳ひめちゃま」は、著作権と商標権という2つの知的財産権により手厚く保護されるわけです。

 著作権は、登録など特別な手続をしなくても創作によって権利が発生します。
 一方、商標権は、国が管理する登録原簿(登記簿のようなもの)に登録されて初めて権利が発生します。

 また、著作権は、同じようなものが別々に独立して創作される場合、同じような権利が複数生じる可能性があるので、相対的権利と言われます。
 一方、商標権は、国の審査を経て、登録されるため、同じ権利が生じることはなく、唯一絶対的な権利となります。

 

 著作物「徳ひめちゃま」を利用した名刺を試作してみました。

 


 名刺をお渡しした時に、このようなキャラクターを話題に話が弾むことも多いです。
 名刺は広範囲で配ることになるので、キャラクターのPRにも適したツールです。

 宇宙人コンテスの名刺では、私の3キャラクターのうち、「サーフ星人」が比較的人気です。
 サーフ星人の顔が、当事務所のイメージカラーのブルーになっているのが、クールな印象を与えるためかなと分析していますが、真相はわかりません。

 

 
 今後、宇宙人キャラクターを増やし、最終的には52体を目指し、トランプを作成するのがささやかな夢です。