今月一杯で転生致します

場合によっては今月が終わる前に、かもしれませんが

予定なので日付に余裕を持っているのはご容赦を



柿の木は消え、代わりに物語に魅せられた男に



懐炉と関わって下さった皆様、有難う御座いました

いや、こう言うと今生の別れの様なのですけどもやっぱりきっちりしておきたくて


改めて、有難う御座いました

それから、御世話になりました

季節季節の思い出も沢山頂きました

どれも柿の木にとっては大切な記憶です


ハルベルトにも出して頂きました

ただ、柿の樹の性質上、装備は持てず魔法も使えずの為、最終的には足手纏いになってしまった事が申し訳なく

私はもうお役に立つ事は出来ませんけれど、こそりと応援しておりますので皆様頑張って下さい

良いメンバーを紹介出来たら良かったのですが、如何せん知り合いが


肖像画を描いて頂いた方々にも感謝を

もう使えなくなってしまいますが、どれも大切なものです

皆様からこういう風に見えて居たんだなぁと思ったりして、見る度に楽しくさせて頂いておりました

有難う


まだまだご挨拶に伺えてない方が居るのに先に背後が出てきてご挨拶をすると言うのもどうかとは思ったのですが、余り先延ばしにしていては伸びっぱなしになると考え、こうしてお目汚ししております


あ、PLとしてのご挨拶がまだでした

皆様、御世話になりました

日々、楽しく過ごさせて頂いてなんてお礼を言っていいのか、言葉足らずで上手く言えないのですが

とにかく有難う御座いました

メッセンジャーを頂いておきながらご挨拶に伺えてない方は非常に申し訳なく

転生の話だとPLとしてになるから、メッセでは御伺いできませんでした

とは言え転生後になるとまた伺いづらくなってしまいますね。すいません_| ̄|○



ええと、もし新しいキャラと何処かで出会った時は宜しくお願い致します



最後に

この日記は残して置きますけれど、更新はもう余り無いと思います

あってもNL用のRPシナリオのメモとかくらいかな、と


もしくは、載せるのを躊躇ったままデスクトップに置いてある柿の木の最後の話くらいです



無粋なPLが出てくるのは此れで終わりです

お目汚し、失礼致しました

AD

幻灯屋

テーマ:

この大陸へ渡ろうと思ったのは何故だったか

ふと、自身がネバーランドと呼ばれる大陸で暮らしていた時を考える


土地や人に眠る物語を探し、見つけ、映写機に収めて周る

そうして、得た物語を記録し、巡った場所で上映する


今と何も変わらない

ただ違うのは


あちらには自身以外にも多くの仲間が居り、此方にはまだ誰も来ていない、それだけだ

来て早々、一つの物語を収めるとは夢にも思わなかったが



柿の木、か



収めたばかりの物語をカラカラと上映する

上映場所は一本の柿の木の生える場所

上映の後、再びその場で映写機を逆回しに

此処数日、同じ事をずっと繰り返していた


巻き取りながら頼まれ訪ねた人々の様子を思い出す

多種多様、その言葉がしっくりと嵌まる

きちんと彼の死を伝えられなかった人も居るが



どうやら彼は好かれていたようだね

ん、恩人が良い者というのは喜ばしい事だ。そうは思わないかね、ん?




シルクハットを深めに被り誰へとも無く呟く

涙を流す少女達、すぐに戻ると笑う男性、まさかと言う表情を浮かべた者も居た

それら全てを収めて周った


収め終わればこの物語は彼の眠る場所へと埋められる

今月一杯はかかるだろうが、その後は彼の代わりに旅をしよう



ん、恩人との約定だものな

それに、旅は私の目的でもあるし丁度良い



懐から笑みの仮面を取り出すと顔の前にかざす

と、彼の表情も其れにそって笑みとなった



ん、私は笑顔で無ければな



映写機を抱えると彼は次の約束を果たす為に歩き出した

AD