イエス | ビートルズやメンバーへのミュージシャンの発言集 The Beatles  影響 評価 

ビートルズやメンバーへのミュージシャンの発言集 The Beatles  影響 評価 

 ビートルズやビートルズのメンバーに対するミュージシャンの発言は今までたくさんありました 。おそらくこれから先もたくさん発言される事でしょう。ここはビートルズが与えた影響を記録していく場所です。

投稿文字数が増えたのでまとめてみた!

 YES

ジョンアンダーソン(ヴォーカル ソングライター)

 

 

 

       ローリングストーン 2017

 

◎僕がインスピレーションを受けた5曲。

 

①ビートルズ  エリナリグビー

 

 ビートルズはまさにプログレッシブバンドだった。とても興味深い歌詞だよ。ダークで変わっていて。どれほどの回数、君がこの楽曲を聴いていたとしても、この楽曲はいまだに驚きなはずだよ。

https://www.youtube.com/watch?v=HuS5NuXRb5Y

 

②Nina Simone, "I Put a Spell on You"

 

③Jimi Hendrix, "Purple Haze"

 

Rickie Lee Jones, "Magazine"

 

Randy Newman, "In Germany Before the War"

 

 

 

◎僕を変えた10枚のレコード

 

 

      ミュージックレイダー 2015

 

②ビートルズ  プリーズプリーズミー

 

 このレコードはつまりリヴァプール出身の4人がどうやって有名になったのかを表す様な意味があった。普通、その当時は(有名人)というものは熱狂的な人々であり、ポップな人々であり、すべてがロンドンで作られた人々だったんだよ。クリフリチャードとシャドーズみたいなね。リヴァプールだけじゃなくて他の都市でも2、3人のシンガーを持つバンドなんて居なかった!それ以前はロンドンで有名にならなければならなかったんだよ。それまではこんな出来事が起きた事を聞いた事が無かったんだ。

 

 

  これでドアがひらかれて、突然ポップミュージックの世界でどの町の誰でも成功することが出来るようになった。それから突然、君はザ ホリーズや ザ ストーンズそしてザ アニマルズが現れたのが分かっただろう。それは信じられないエネルギーの爆発だった。

 

 

③ビートルズ   リヴォルバー 

 

 僕ら兄弟のバンドは名前を(ザ ウォリアーズ)って言った。そして僕らはドイツのツアーをしていた。僕らはビートルズの足跡をたどっていたんだよ。僕らはフランクフルト、ミュンヘンでギグをした。もちろんハンブルグでもトップ10クラブで演奏したり、そういったことをしたんだよ。

 

 

 だけど(リヴォルヴァ―)がリリースされたとき、このアルバムが(ヒット曲はどこ?)っていう意味でのポップアルバムではないという意味でこのアルバムにはすでに何かがあったんだ。以前にはビートルズのレコードには明らかなヒット曲があった。だけどそういった以前のレコード以上に僕はこのアルバムに夢中になった。

 

 そのレコードは僕のその後のキャリアに大きなインスピレーションを与えた。(3曲のヒット曲を持つレコード)を作らないというアイディア、そこにはただ(楽曲)がある。どちらのアルバムが僕をいまだに興奮させていると思う?(リヴォルヴァ―)は僕を興奮させたんだよ。なぜなら。。僕にとって、そのアルバムの全てが重要だったからだ。

 

 

 

④ビートルズ   サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド 

 

 

 その頃、ビーチボーイズは(ペットサウンズ)を出していた。ジミ ヘンドリクスは(Are You Experienced?)を出していた。だけど、すべての出来事の中で⦅その瞬間》と言えるのはもちろんビートルズが(サージェントペパーズ)を出した時なんだよ。

 

 その頃、みんなが考えていたんだ。(えーと。ビートルズは今どこにいるんだろうな。)それから突然、彼らのこの特別なコンセプトアルバムが現れたんだよ。何度も何度も繰り返し、僕はインスパイアされたし、それ以来、数えきれない程の他のミュージシャンたちも影響を受け続けることとなった。バンドがツアーを辞めて、ジョージマーティンみたいな素晴らしい人とスタジオに籠るというのはなかなかのアイディアだよ。僕はBBCのエレヴェーターで2回彼に会ったよ(笑)!会ったんだけど、そんな人と話をするのはちょっと難しかったよ!

 

 (その瞬間)があったからこそ物事は上手く進むようになったんだよ。(その瞬間)は60年代のあの時に起こって、それはとても、とても革命的なもので変わったものだったんだ。

 

 

            レジェンダリーロック 2012

 僕らは時の経過を歌っていたんだよ。僕と僕の兄弟は1963年にビートルズを見に行ったんだ。彼らが有名になる前の話だ。そのステージを見た後に僕らが思ったことはリヴァプールのキャバーンのステージの上に立ちたいと思った事だけだよ。それからなんだよ。僕らの作った曲には沢山のストーリーがあるんだ。
 

 1960年代に遡るとビートルズが(リヴォルバー)(サージェントペパーズ)の局面に入った時を覚えているかい?君もそのアルバムを聴いたとき、彼らが違った局面 或いは違った世界にジャンプしてたどり着いたことに気付いただろう。それは決して誰も過去には挑戦しなかったことをやったってことなんだ。フランクザッパにも同様な事が言える。彼らは商業的ではあったが、彼らは音楽の境界を押し倒すことに経歴の多くを使った。音楽の中にお金以上のものを見出すことに僕はより興味があり、ビートルズの様に人々を冒険に連れ出すことに興味をもったんだよ。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=vpIduDaggVA

 

https://www.youtube.com/watch?v=MHXmS-e0RRo

 

https://www.youtube.com/watch?v=P6jAMwK-4QU

 

https://www.youtube.com/watch?v=Hrowi4hHz8A

 

https://www.youtube.com/watch?v=G3E8lL6HqfA

 

 

ビートルズカヴァー

https://www.youtube.com/watch?v=MyteedDgscc

 

 

クリススクワイア(ソングライター ベース ヴォーカル)

 

    

 

     イエス オフィシャルサイト

 

◎クリススクワイアがインスピレーションを受けたベース演奏

 

①ザ ビートルズ オールマイラヴィング

 

 僕が若い演奏者だった時に最も大きな影響を受けた人の一人はポールマッカートニーだった。(オールマイラヴィング)のウォーキングベースラインは僕が最初に学ぼうと思った演奏だったから、その演奏が僕の記憶にいつまでも焼き付いているんだよ。

https://www.youtube.com/watch?v=TSpiwK5fig0

 

 

②ザ ビートルズ カムトゥゲザー

 

 僕が愛している他のビートルズのビッグなベースリフは(カムトゥゲザー)のイントロのブルースを基調にしたベースリフだよ。その演奏は少し修正して、いくつかの楽曲に取り入れているよ。

https://www.youtube.com/watch?v=45cYwDMibGo

 

 

③The Rolling Stones – I Wanna Be Your Man(ビルワイマン)

 

④The Who – My Generation(ジョンエントウィッスル)

https://www.youtube.com/watch?v=QuwU3K6U1_w

 

 

⑤The Who – Happy Jack

 

⑥The Who – Live From Kilburn

https://www.youtube.com/watch?v=8DvZO4yk_wY

 

⑦The Graham Bond Organisation – Hoochie Coochie Man(ジャックブルース)

 

⑧Cream – Crossroads (live)

https://www.youtube.com/watch?v=Xch-3Wwl9HE

 

 

⑨The Police – Spirits In The Material World(スティング)

https://www.youtube.com/watch?v=BHOevX4DlGk

 

⑩Stevie Wonder – I Was Made To Love Her (lesson)(ジェームズジェマーソン)

https://www.youtube.com/watch?v=l5lLrnXDnBw

⑪Marvin Gaye – I Heard It Through the Grapevine (bassline)

https://www.youtube.com/watch?v=kAPj9oP4q_w
most of the album ‘What’s Going On’ by Marvin Gaye, ‘

https://www.youtube.com/watch?v=NlXDmmTb7pI

 

 

Reach Out I’ll Be There’ & ‘Bernadette’ by the Four Tops 

 

You Can’t Hurry Love’ by The Supremes.

https://www.youtube.com/watch?v=fQ7uXX9K7Sk

 

⑫Red Hot Chili Peppers – Higher Ground(フリー)

https://www.youtube.com/watch?v=HZySqMlEuSQ

 

⑬No Doubt – It’s My Life(トニーカナル)

https://www.youtube.com/watch?v=ubvV498pyIM

 

⑭Chris Squire & Steve Howe – Rig Rundown


 

 僕はこのリストがすでにベースを演奏している人、或いはこれからベースを学ぼうとする人にとって興味深いものになること、或いは見たり聴いたりしてインスピレーションを受けることになれば良いと希望しているよ。なぜならこれらの演奏は全部最高だから。

 

 

 

 

◎貴方は何十年後かにイエスの音楽がラジオから流れると思っていましたか?


 明らかにそんなことは思わなかったよ。60年代はビートルズ成功の時代だった。63年から69年に解散するまで。6年のキャリアだった。その時、若かった僕にとっては、(6年?ワオ!!)そのバンドが一緒にいたのはとても長く感じたよ。そして、イエスは68年に結成して、来年には40周年のツアーをするつもりなんだ。誰がそんなことを考えると思う?僕は一つのバンドで40年の長いキャリアを持つなんて全く思わなかった。

 

 

◎貴方はどのくらいバンドを維持できると思いましたか? 2年ぐらいですか?


 うーん そうだね。僕はビートルズのキャリアを意識してた。6、7年。それでも僕にとってはとても長く感じたんだよ。

 

 

           カジャグーグー  2004

 

◎あなたの初期の影響は?


 そうだね。マッカートニー、ジャックブルース、ビルワイマンそしてジョンエントウィッスルの4人。まさにね。なぜなら、僕はザ フーの大ファンなんだ。マーキークラブでジョンとピートを聞いてたんだから。15歳の子供がだよ。それからジャックブルースとジンジャーベイカーを聴いて。 そして後にビルワイマンを知って、もちろん彼は大きな影響だよ。マッカートニーは僕にはとても大事な人なんだ。なぜなら彼はとてもメロディックなベースラインを持っていたからね。

 

ジャックブルース

https://ameblo.jp/kaikosumiiyoshi/entry-12302055546.html

 

ジョンエントウィスル

https://ameblo.jp/kaikosumiiyoshi/entry-12295511626.html

 

           ドクターアクエリア  2009

 

 

◎だれが貴方に影響をあたえたのですか?

 


 僕は1963年に15歳だった。その頃僕は多くの影響を受けたんだよ。そのころにはビートルズが居て彼らは世界的に有名になっていた。そしてもちろんポールマッカートニーは大きな影響だった。彼の演奏自体も素晴らしかったけど、彼がベース演奏と歌うことを同時にする能力に感動を覚えたんだよ。僕はその二つを最終的なゴールとするように努めたよ。とりあえず彼の素晴らしい作曲能力は置いておいたとしてもね。そして僕は努力してその二つを同時にすることが出来るようになったんだ。1964年に僕は学校を停学になった。だけどビートルズやマッカートニーにであって目的がはっきりしたから、もう学校には戻らなかった。

 


 それからストーンズのビルワイマンも好きだった。それからジャックブルースもそうだね。僕はマーキーってクラブに行き始めた頃、グラハムボンドオーガニゼーションっていうバンドでジャックブルースの演奏を聴いたんだよ。彼のクリームの前のバンドだよ。


 

 そしてジョンエントウィッスルにも大きな影響を受けた。僕はザ フーがロンドンでデビューしたのに丁度遭遇した世代なんだ。僕は彼らが演奏するのなら、どこへでも見に行った17歳だったんだよ。僕は10代で彼らは僕が好きなバンドだった。僕はザ フーを尊敬してるんだ。

 


 思うにこうして見ると素晴らしいベーシストっていうのは(自身の演奏)っていうものを持っているんだよね。そして楽曲にどういう色付けが出来るのかっていうところなんだね。多くの人が考えるテクニック以外の部分の方が重要なんだよ。それはつまり(人間)の部分の事だよ。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=9E0FCrimVlI

 

 

◎リッケンバッカ―のベースと聞くとまずあなたを思い出します。

 


 なんだ。君はお世辞が上手いな。ポールマッカートニーがいるだろう?まあ、でもそうかもね。僕はリッケンバッカ―でのポールの演奏を聴くと(リッケンバッカ―での演奏)ではなくて(これはポールの演奏だ。)って思うんだよね。そういう意味で僕の方が(リッケンバッカ―)を弾いてるのかもね。だからリッケンバッカ―っていうとポールよりジョンレノンとかジョージハリソンを思い出すかもね。

 

 


         インタビュー 2011年

 

◎私は貴方とポールマッカートニーがリッケンバッカーを代表するベースプレイヤーだと思っています。

 


  うん。もちろんポールマッカートニーのサウンドは僕のサウンドとは違うよね。だけどそれはきっと君の聴き方だと思うよ。僕にはポールのホフナーベースの演奏はリッケンバッカーベースとそんなに違うように聞こえないんだよね。つまりどの楽器を演奏するかという事以上にプレイヤー自身が大事だって事だよ。それはそのプレイヤーが演奏したい演奏を表してるんだ。

 

 

 

 

 ビートルズからはとても多くの影響を受けたよ。ソングライティングの面が一番大きいと思う。だって僕は若い頃、彼らと一緒に育ったんだから。。

 

 

◎他のメンバーと違って貴方は何故(イエス)を脱退しなかったんですか?

 


 それはとても簡単な質問だな。なぜなら僕が(イエス)のサウンドを表していたからだよ。僕のソロアルバムを聴いたらわかると思うんだけど、どうして(イエス)から(イエス)が抜けないといけないんだ?

https://www.youtube.com/watch?v=IdR5DM4a-8A

 

https://www.youtube.com/watch?v=5-hae1dbQXY

 

https://www.youtube.com/watch?v=r0HnIr6jYWU

 

https://www.youtube.com/watch?v=7WDkdZ6QvXY

 

https://www.youtube.com/watch?v=vzxZzIiO84Y

 

 

 

 

トレヴァーホーン(ヴォーカル プロデューサー バグルス ヴォーカル ソングライター ベース)

 

 

 1960年代初め、音楽を聞き始めた頃、僕はまず最初にビートルズを好きになった。ビートルズは(サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド)でプログレッシブロックを始めた最初のバンドになった。

 


 (バグルス)って言う名前は僕らの仲間内のジョークだったんだよ。まずとても煩わしい名前だろう。(バグ)は虫なんだ。それに(バグ)はスタジオでの失敗も意味してた。誰かが(バグス)はビートルズほど偉大じゃないって言った。だから僕らは(バグス)から(バグルス)に変えたんだよ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=HRXeBKys-Sw

 

バグルス トレヴァーホーン

https://ameblo.jp/kaikosumiiyoshi/entry-12442832356.html