ディセンデンツ | ビートルズやメンバーへのミュージシャンの発言集 The Beatles  影響 評価 

ビートルズやメンバーへのミュージシャンの発言集 The Beatles  影響 評価 

 ビートルズやビートルズのメンバーに対するミュージシャンの発言は今までたくさんありました 。おそらくこれから先もたくさん発言される事でしょう。ここはビートルズが与えた影響を記録していく場所です。

記事を追加しました。

 

Descendents

マイロ オーカーマン(ヴォーカル ソングライター) 

 

      2016 ピッチフォーク

 

   ビートルズ

 

 73年、僕が10歳の頃、友人の家に行った時、彼がビートルズのコレクションを全部持っていることに気付いた。僕はその友人と一緒に演奏することになっていたんだけど、「ほっといてくれ、ビートルズを聴きたいんだよ。」って感じだった。もちろん彼もビートルズが好きだったので、一緒にビートルズの研究をしたよ。後にDescendentsがバンドとして何をしていたのかを振り返ってみると、ビートルズのDNAを否定することなんてできないよ。その全体的なメロディーの感覚からいっても、その全体的なポップミュージックの感覚からいってもね。

  

 


 僕らはパンクやハードコアな音楽を好んで演奏してきたんだけど、一方で僕らは明らかにビートルズやメロディックな楽曲と共に育ったんだ。僕らのバンドはみんなそうなんだよ。そういうことで僕らはハードコアミュージックでもよりメロディー寄りになったって訳だ。


 僕はジョンレノンやポールマッカートニー本人になりたいなんて思ったことはないよ。だって、僕はジョンレノンとポールマッカートニーのどっちにもなりたかったんだから!地元の町の川沿いで僕は大きな声で歌ってたんだ。ビートルズの曲をね。


 もし彼らが僕らの時代に生まれたなら僕らみたいなことが出来たのかなって思うんだ。僕らがバンドを始めてしばらくしてジョンレノンが死んでしまった。

 

 
 ビートルズは僕にとってとても特別なバンドで(サージェントペパーズ)や(リボルバー)は僕のバイブルだよ。





◎貴方は自身の音楽活動をどのように評価されたいですか?

 僕らは安全策を取らなかったって言われたいね。僕らは早く弾くのは好きだったけど、同時にビートルズも好きだったからハードコアとポップの合成をした。そんな感じで僕らは危険を冒したんだけど、それは前に進むためには必要な事なんだよ。ラモーンズやブラックフラッグみたいなバンドと現代のパンクバンドの間に僕等がいたって言われるなら嬉しいことだよ。

 

 

◎あなたのビートルズの一曲は?

 

 (Can't buy me love)だよ。まさにね。



 


ビルスティーブンソン(ソングライター ドラム  ブラッグフラッグ ドラム)



◎貴方はなぜバンド活動をしたんですか?


 僕はなぜかを常にわかっているよ。僕はよく(キッス)のレコードを聴きながら座っていた。そして頭の中で彼らを解剖していた。僕は音楽の技巧に非常に興味がそそられるようになった。僕は子供の頃、11歳の頃に考えていたことを憶えている。ビートルズの(ラブミードゥ)がなにか間違っている感じに聴こえたんだ。僕は常にそれを傾聴してた。何が間違っているのか分かったのは8年か9年前の事だった。

 間違いとはベースの音だった。残りの楽曲とはまったく音が違うんだ。それは本当に鋭い部分だった。それは素人のリスナーでは気づかない部分なんだ。ベースの音が狂っていることは明らかだった。だって、鳴り響いているからね。子供の頃には何かが間違っているのは分かっていたけど、それが何なのかはわからなかった。でもミュージシャンのレヴェルになったらわかるんだ。だからプロフェッショナルなレベルで音楽を作るっていうのは楽しいことなんだってわかったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=Xn8ZkKt9DEs

Get some gas, fix my motor, turn on my Beatles tape, and get you out of my head