昨日は、本郷の東大球場で「東大対富山高校」のオープン戦を観戦。ところが午後1時半、試合開始予定なのだが午後1時20分に球場到着したら誰も居ない。

 

スタンドに富山高校関係者の方がいらしたので、お聞きすると、富山高校は、バスで出発したのだが遅れ、今、到着したとの連絡があったとのお話。暫くして東大マネージャーを見つけたので聞いてみると午後2時半頃開始になりそうですとのこと。実際、予定から1時間遅れで午後2時半試合開始。

 

東大はスタメン9人中、富山高校OBの3年生須川以外の8人が1年生。ほとんど東大で試合経験のない選手。試合は9対4で東大の勝利。

 

先発は、対東京学芸大戦で大乱調だった学生コーチ登録の4年生左腕、山下大が中1日で登板。試合前のノック練習を見ていても東大内野陣は、頼りなく感じた。富山高校は、ノック練習無し。

 

富山県立富山高校は、歴史はあるが、硬式野球部は、さほど強く無く、今年の夏の甲子園予選も初戦でコールド負け。

 

東大先発、山下大は、久しぶりに良かった。5イニング投げて被安打1、与四死球3、無失点。前の試合でも球威だけは戻ってきたが、この日も、悪く無かった。制球も、良くは無いが、まずまず。5イニング投げたのも久しぶりでは、ないか。投げ方が少しサイドスロー気味になった。とりあえず、どんどん投げさせた方が良いかもしれない。

 

2番手は、3年生、横山。いきなり2連打、中継の拙さで無死2、3塁。内野ゴロとワイルドピッチで2失点。1イニングで交代。3番手は1年生岸野1イニング無失点。

 

4番手が3年生平山。彼も中1日。2イニングで、球威も悪くないし、制球も、まずまずだったのだが、攻め方が一本調子だったせいか2ランホームランを打たれた。彼の投球内容は、さほど悪く無いが、何故打たれるのか。やはり緩急を付けないと駄目なのだろう。

 

守った選手は違うが、対東学大戦といい、この試合といい、3塁手の守備が、あまり良く無い。東大打線は、相手4投手だったかに2年生山崎の2ランホームランを始め、相手投手の制球力不足もあり9得点。

 

東大守備陣も、思ったほど悪くはなかった。室蘭合宿も今日で終わり。東大の次戦は、10日(土)午後1時からB軍による対独協大戦。