皆様こんばんは星空

 

今日も暑いですねメラメラ

今年は例年よりも熱中症対策をする必要がありそうですビックリマーク

 

5G帯域の電波をテレビ局と携帯大手が電波を共用する動きがあるそうですニコニコ

上矢印限られた電波帯域の中で、有効的に電波を使うには大変素晴らしい事ですね爆  笑

5Gも既存バンドにプラスして運用出来る事で、益々繋がりやすくなると思いますビックリマーク

 

記事の中で、私的に気になったのは…

 全国のテレビ局は、バラエティーやドラマなど一般の番組用と、スポーツや災害など中継用で異なる周波数帯の電波を利用している。今回、共用の対象となるのは中継用の電波で、携帯電話の5G通信にも利用できる周波数帯となっている。現在は中継がない空き時間が多く、2018~19年の利用頻度は、需要が多い日中の東京都でも1週間に1回程度だった。

引用: 【独自】TV局と携帯大手、電波共用へ…5G推進へ時間帯に応じ使い分け

テレビ局が災害中継に利用する帯域を、使っていない時間帯に携帯電話(5G)で利用する=時間帯によって使い分けるという事なのですが、これを実現する仕組み的な疑問がありますビックリマーク

スポーツ中継等は事前にテレビ局側で中継の利用日程が判るので、事前に総務省や携帯キャリアなどに申請して、その時間各キャリアは対象の周波数帯を停波する事が安易に可能だと思いますニコニコ

しかし、災害発生時にテレビ局が各キャリアや総務省に通達し、携帯キャリアが停波するまで災害中継が行えないのは困るような気がしますショボーンこれが夜間・早朝であれば尚更ですねえーん

そもそも災害発生時には、テレビ局はすぐに中継を始めたいでしょうし、各キャリアも災害時に5Gをより繋がりやすくする為に少しでも多くの周波数帯を利用したいと思いますので、ここの所がどの様に運用されるのかが気になりますビックリマーク

 

また、今の時代あまり想定しにくいかもしれませんが、この電波共用の周波数帯の電波だけが拾えるエリアがあったとして、夜間・早朝などテレビ局が使わない時間は拾えても、その他は圏外になってしまうという事も想定できない訳ではないので、各キャリアのwebサイトなどで電波共用の周波数帯の利用可能時間帯を掲載するなどの対応も必要になってくるのではないかと思いますニヤリ

 

5Gがより繋がりやすくなるのは非常に良い事ですので、楽しみですね音譜

甲斐犬人

■甲斐犬人 最新CDのご案内