天然石と樹のペンダントの製作日々

天然石と樹のペンダントの製作日々

天然石と樹のアクセサリーまちやmi*kiです。
時々天然石の研磨や、屋久杉もたまに磨いています。



天然石アクセサリー

まちやmi*ki

~天然石と屋久杉のアクセサリー~



$mi*のヒーリングな日々-Image024.jpg


    お問い合わせ、お申し込みは

     手紙 まちやmi*kiメールフォーム

........................................................................................................................


マクラメ編みの練習です。

いままで、ねじり編み、平編み、フレーム編み……くらいしかしないと思ってたけれど、マクラメ編みを少しずつ覚えてみようかと思い始めました。

先日、ペンダントやブレスレットなどのご依頼をいただけまして特にブレスレットで出来る編みかたはないかと探していたら巻き結びという編みかたを見つけたのでさっそく挑戦してみました。

完成したものはすでに発送してお届けさせていただきましたが、とても喜んでいただけたようで「エネルギッシュになって戻ってきた…」とご感想いただきました。

そのかたは、もののエネルギーを理解されてるらしくて、石自体も人が触ることによって波動が変わったりするのだなぁ。。ともおもいました。


マクラメ編みを極めようとかいうつもりはないけれど、ちょっとは編めたらいいのかなと、今回のご依頼がきっかけになりました。

来年にはいくつかそれっぽいもの作れるようになりたいと思ってます。

一応、例によっていつもお世話になっている「ふじみ野食堂イータ」さんでのうさとの服展で出品させてもらっていますが、その中にマクラメ編みの作品が増えていけたらいいんですけどね。。。

出品の形式は委託販売ということで作品だけ置かせていただく感じです。

特にブログ記事にも告知などはしないかもしれません。コロナのこともありますし、行き当たりばったりなその時のご縁で販売させていただければと思います。





屋久杉のプレートつくりました。

小さめだけど、何ヵ月前に作って乾燥していたコーヒーカップと一緒に塗装して、


やっと出来上がりました。


そして、まえから使っていた屋久杉のコーヒードリッパーと一緒にこんなふうに使おうとずっとまえから考えていました。

プレートの材木が小さめのしかなくて、もう少し大きい板があったら良かったのだけど……。

何年もまえから少しずつ自分用に作っていて、次はスープカップかお弁当箱を作ってみようかと思ってますね。

塗装は、ウレタン樹脂系の食器用に開発されたという塗料使っています。

食器用に開発されたそうなので、木の硬度を高めて熱湯などの高温の消毒に対応できるような塗料だということです。

屋久杉のペンダント作ったときにもにもこの塗料を使っています。


屋久杉も結構柔らかいですから、塗装しないと使ってるうちにボロボロになってしまいますから塗料は必要なんですね。



買ってきた屋久杉の皿とかコップと違って、自分で作ってるものを使うとまた格別な気がします(^-^)。

上手い下手か、使いやすい使いにくい、ということではなくて、自分の手作りだから「気合い」が変わります。

「エネルギー」と言ってもいいのかもしれません。が…。

うまく言えませんが、市販品とは全くちがいますね。


「こんなの自分で作れるわけないじゃない」

というようなこと言われたりしますけど、そりゃ「作れない」って言った時点でその人はもう作れない側に来ているわけですね。

完成品として度合いはどうであれ、「じゃあどうやったら作れるか?」と思い始めたら、そこから作れる方へ向かっていくんですから。

旋盤がないと作れない…と「専門の機械がないと無理」っていうのも聞いたことありますけど、自分は旋盤なんて機械使ってませんし。。。

最初は彫刻刀と安い電動ドリルと紙ヤスリだけ使って屋久杉のおちょこ作ってました。

今はルーターでなんとか削ってますがね。

作りようなんていろいろあるわけです。

まぁ、いろいろ苦労はありますけど市販品より自分で作ってみるほうをおすすめしますね。





うちのラッキーの後ろ姿。

「背中撫でて」って言ってる姿です。

ちょっとこの場所借りて言わせいただきますが、犬の散歩毎日してると必ず交通ルールというかお約束を守ってない人を見かけます。

こちらは犬連れて歩くので、道路の安全確保にはかなり敏感になるのです。

特に自転車がライトつけないでスピード出して走ってるとか、右側通行してるとか、右側通行した上で歩道をスピード出して歩行者追い抜くとか……。

犬連れてると歩道をちゃんと歩いていても気を抜けませんね。

ちょっとしたことなんですけど、お約束を守ってくれないと結構ストレスになります。

特に自転車のちょっとした判断がものすごく危険に思う時がよくあらます。


警察の白バイが時々路上で自転車を止めて警告しているのを最近よく見かけるようになりました。

毎日思います。(安心して犬とお散歩を歩ける道がないのだろうか……?)と。






ネットでのお買い物回数が増えてきているこの頃。


沖縄で買ったコーヒーカップが割れてしまい、新しいものをと思って検索してたら「ファイヤーキング」という名前が気になって調べてたら出会ったこちらのカップ。


耐熱性ガラスで作られていて1950年代あたりに作られたという…。見た感じがアンダラクリスタルみたいで綺麗だったので購入してみたのだけど……。


届いたその日に、洗ってる最中に手が滑ってシンクに思い切り叩き付けてしまい、

…あっという間にご臨終………。

縁がなかった……、短いお付き合いでした。。。



屋久杉の小箱。

こちらもネットで購入。



屋久杉の香りが微かにしています。自分ではこんなに精巧なものは作れないので、良いもの購入出来たと思います。

研磨し終わった石とかを収納したらちょうどいい感じです。

箱が好きなのかな。今まで意識してなかったけど気がつくと結構いろいろ箱とか入れ物を集めてるんです。

それこそ、スーパーで買ったお菓子の箱とか、プリンのカップとか……(笑)100円均一で売ってる収納箱とか……、

収納に使えないかと考えてしまいついつい捨てずに集めてしまう……。特に研磨作業したりする時に細かいもの入れる箱があると便利なんですね。

しかし、今回の屋久杉の箱は集めた中でも一番最上級の箱でしょう……(笑)



今年は、漢方や生薬をたくさん取り入れてます。コロナのせいで自分の健康状態に敏感になってしまったかも。。。


目の疲れが最近ひどいので、自律神経系も考慮して菊花茶を。それから、クコの実も大量に購入しました。

そして、漢方も何種類も試しているのだけど今回生薬の中で一番インパクトが強かったのが、


烏梅という、梅に炭をまぶして燻製したというもの。日本では奈良県でたった一ヶ所で作られてるものだそうで、漢方にも使われたりするそうです。

台湾のものもあったけど、唯一の日本産に興味があったのでさっそく煮出して飲んでみましたが……、

やはり煙の味と梅の酸っぱいような味がして、最初は無理かと思いました。

けれど、これ飲んだらその夜はグッスリ眠れたりしたものだから何とか味に慣れるようにと、慣れたと思うようにしました。

それに、最初に飲んだ時に何となくエネルギーの高さも感じたような気もしたりして、いろんな意味でインパクトが強かったですね。


そんな感じで近頃は漢方や生薬に懲りだしています。






先日、夢の中で「バーソロミュー…」と、何回も繰り返し繰り返し言葉が入ってきました。

「バーソロミュー」って、何だったかな…?と後からいろいろ検索してみると人名だということがわかりました。

前にも「エンリケ」って夢の中で呟いていたことがありましたけど、どちらも「スペイン」繋がりで意味のある名前でもありました。

でも、歴史上の人物よりもバーソロミューという言葉で思い出したものがあって、さっそくネットで購入してみました。

こちらの本を。

そう言えば、去年本屋で見かけて買おうか迷っていたことを思い出しました。

ずっと以前にも夢をみたせいで思い出してネットで購入したものありましたっけね。

以来自分の愛用品みたいに大事に使ってます。

今回も果たして愛読書になってくれるのでしょうか…





屋久杉を手磨きしてネックレスにしました。


塗装は一応してあります。


小さなトップです。

ネックレスの長さも38cmの短いもの付けてあります。

トップのサイズは、2cm×2.2、2.3cmほどです。

価格はネックレス一本900円プラス送料198円で1098円。

クリックポストの発送で梱包は簡易なものでさせていただきます。

興味あるかた、購入希望のかたは右か左か、発送先を明記されご連絡ください。





屋久杉のペンダントです。


「ミンネ」に出品しようとしたのだけど、写真の掲載がうまくいかないのであきらめました。



屋久杉は、端材を使ってるのでどちらが表か裏とかの判別が難しいです。




屋久杉は非常にひび割れが多くあるようにも思います。

このペンダントも片側に自然なひび割れがあり、そのまま残した状態で研磨しました。

樹脂塗装はしていません。椿油を塗っただけの状態です。


厚みは6mmくらいです。


サイズは、縦3.4cm  横2.9cmくらい。
ネックレス部分は54cm、アジャスター部分はプラス6cmくらい。
ワッスクコードを三つ編みして留め金を付けてみました。





価格は1800円でいいかなと思います。
発送はクリックポスト(198円)送料ご負担で。
梱包は簡易にさせていただきます。


塗装はしていませんから、たまに椿油か胡桃油などを塗って柔らかい布で擦ってあげるとよいと思います。

本当は塗装したほうが汚れや擦り傷などから保護出来るのですけど、こちらはあえて樹脂塗装はしませんでした。

屋久杉といえど、材質は木ですから爪をたてたり、強い衝撃はよろしくありません。
ずっと前ですけど、委託販売に出品して戻ってきたペンダントに爪を入れたような痕があるのを見つけたことがあります。多分、手に取ったかたが強度が気になってのされたことだと思いますけど、木ですから爪を入れたら、そりゃぁ痕がつきますわ。

それだけ繊細なのだということが言いたいのですけど、お求めになられるかたはどうぞご了承くださいますように。。。

屋久杉に興味あるかたはどうぞご連絡ください。ハートとか楕円とか、簡単なものでしたらお作りも出来るかもしれません。






またまた夢の話。

そしてまた海の夢。

旅行に行った夢だったらしく、海のそばのホテルに泊まり、海岸を散歩していました。


何年か前に行ってきた奄美大島の海の写真。


穏やかな青くて綺麗な海です。

夢の中の海はいつもこんなふうに美しい色して輝いてるんです。

こちらは久高島からの写真。
サンゴ礁が透き通った海の中に見えて、青い色が幾重にも変化していて、本当に見てるだけで穏やかな気持ちになれます。

ホテルの窓から見える海もサンゴ礁全体が見通せて、それはそれは美しい景色でした。

そういう海の夢を見る時には、なぜかずっと前に亡くなった父と弟がたまに出てくる時があります。

特に父がよく夢に出て来ます。

多分、父とは前世などで関わりがあったんだろうなと今は思ってます。

今回は、父は身体の具合が悪くホテルから出られないという設定で、わたしがまだ小さい弟を海へ連れて行ってあげようといろいろ計画を立てていました。

「そうだ、沈まないように装着するやつ(ライフジャケットって言うのでしたっけ…)を忘れないようにしなくちゃ…」って、なぜかしきり気にしてました。

そう、海は危険な場所でもあります。準備は万端でなければなりません。

そして、岩や石の無い海岸も探してました。


そういえば今朝のニュースで沖縄で海水浴場が閉鎖されて、逆に穴場的な場所に人が集まってると関東のこちらにも報じられてましたね。


わたしも西表島で一人で海に行った時には、ちょっと危なっかしくて一時間もしないうちに泳ぐの止めてしまった記憶があります。

その後に誰か泳ぎが上手い人とか地元の人と一緒に海に行ったら全く安心して泳いでいられましたが。(どの場所が気を付けるべきとか、状況を教えて貰えたりしたので)

海に行くときは、海の危険さもかならず頭に入れておくべきですよね。

なんだか、今朝の夢がニュースの内容と少し重なってもいました。

夢の話はそんな大したことではなかったです。

それで、話は変わって今「ミンネ」のほうにお試しで研磨したアンダラクリスタルを出品してみました。

一個だけ。。。

写真の取り込みがなぜか上手くいかなくて、一個しか出品出来てません…。

何件かお問い合わせはいただいてはいますが、やはり価格がネックになるのかなって思います。

しかし、こちらも仕入れ原価のことなど価格設定にはいろいろと慎重さが必要と思いますので、まぁ、あまりべらぼうにならないようになるべく気をつけてはいますね。

ネットでの出品はあくまでお試しのつもりなので今後はまだ未定です。

それから、研磨のご依頼もぼちぼちいただいてます。今までは、自分の中では原石持ち込みのご依頼はお引き受けしないと決めていました。

が、最近は要相談という条件の元でお引き受けしたりしなかったりです。

お引き受けできない理由は、原石の状態や種類によります。

せっかくお預かりした原石を研磨で台無しになってしまいました。では、悲しいですから。それにお引き受けした場合もリスクは消えないということも了承いただいてます。

要するに、原石持ち込みのご依頼はリスクが伴います。と、言うことですね。

けれど、それでもと言ってくださったかたは何度も連絡を繰り返しながら、確認していただきながら、進めさせていただいたりもします。



自分で研磨しましたアンダラクリスタルのピンクです。



ピンク色のアンダラは大変貴重だということですね。

ですが、とっても綺麗なピンク色を2個ほど入れてアンダラの美保子さまから送ってくださりました。

もう一個は他のアンダラを研磨した後に取りかかろうかと思います。


裏面はフラットの状態です。

中に気泡がいくつかみえます。



左右それぞれからみた写真です。


真上から


真下から見た状態。

サイズは、
縦が3.7cm、横が2.6cm、厚みが1.6cm

重量が19g

原石のかたちそのままを研磨しただけなので、見てのとおり左右対象にはなっておりません。

1mmサイズのドリルで穴をあけてあります。

先日にアップしたプリマグリーンなど、もし興味がありましたら価格などお問い合わせください。

発送は郵送で代金は銀行振込での対応させていただきます。




自分が研磨した一番大きいアンダラクリスタルです。


手のひらの上で大きさ比較。


表側。


裏側。

表と裏面、写真だと見分けが難しいでしょうが裏面はフラットな状態です。



上からと下からと見た状態。



左右からの写真それぞれ。
 
穴は1mmのドリル使っています。


このアンダラは原石状態のかたちが、ちょうど雫のかたちになりやすかったのですけど、やっぱり左右対象というほどにはなっていません。

きっちりかたちをとろうとするれば、それだけ削る部分が増えてしまいますから。

それほど大きい原石でもないので、アンダラでそれをやるのはちょっと勿体ないきがします。

アンダラのサイズは、

縦4.4cm、横2.8cm、厚み1.8cm

重量27g

自分で研磨するなかでは一番大きいのかもしれません。




雛鳥、戻ってきました。

「え〜?また戻ってきたのきみ?!」

思わずそう言ってました。

けれど、すごい元気そう。さっきと全く違います。
気配がしたので上を見ると、親鳥らしきものが家の手すりに乗ってこちらを見下ろしてました。

ちょっと嬉しくもあったけど、あまり近寄らないようにして写真一枚撮らせてもらいました。

元気になったよ、ありがとうって言いにきたみたい。

雛鳥は小さいながら力強い羽ばたきで、しばらくしたらまた出ていきました。
今度はちゃんと飛んでます。良かった良かった…。


この雛鳥、ちゃんと人間のこと見てるんです。

目が合うといか、なんというか人間の行動をよく観察してるんだな…って、

さっき捕まえた時にそう感じてました。

もう来なくていいから、お母さんと達者でね☺️