前駆細胞は、どんな細胞? | 流山市流山の腰痛改善専門院 脊柱管狭窄症でもあきらめない!

流山市流山の腰痛改善専門院 脊柱管狭窄症でもあきらめない!

千葉県流山市流山の整体『さわやか整体院』です。
痛みのないやさしくゆるむ整体で根本から改善していきます。
あなたの元気の『源』を、内から引き出すお手伝いをいたします

こんにちは。

 

いつもご覧いただき、ありがとうございます!
さわやか整体院へようこそ。

 

流山をこよなく愛する岡本です。

 

 

 

昨日の地震、皆さん大丈夫でしたか?
流山もかなり揺れ、震度4でした!

 

 

10年前の地震が頭をよぎりました。
ハザードマップを再度確認しましょう。

 

 

 

先日ご紹介しました造血幹細胞が、少し成長すると『前駆細胞』になります。

 

 

大きく分けて『骨髄系前駆細胞』と『リンパ球系前駆細胞』の、2種類に分けられる。

 

 

 

骨髄系前駆細胞は、赤血球や血小板のほかに、マクロファージや好中球、樹状細胞、マスト細胞など分化していく。

 

 

リンパ球系前駆細胞は、NK細胞、キラーT細胞、ヘルパーT細胞など分化していく。

 

 

骨髄から造血幹細胞が生まれ、それから前駆細胞に成長し、そこから免疫細胞たちに成長しているんですね。

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

ひとりで悩んでいるなら、まずはご相談ください。
遠慮はいりません!お待ちしています。

 

ご相談・ご質問などはこちら → お問合せ

 

健康回復アドバイザー 岡本 武
ホームページはこちら → さわやか整体院