成長ホルモンという言葉は、誰でも耳にしたことがあるかと思います。
このホルモンは下垂体前葉で作られ、主な働きは、体の成長と新陳代謝を活発にすることです。
成長期にもっとも多く分泌されますが、大人になっても出ています。
子供に比べれば分泌量は少なくなっていますが、睡眠時・運動後・空腹時に多く分泌されると言われています。
成長ホルモンにはさまざまな作用があり、たとえば、老化現象を遅らせたり、免疫機能の強化、脂肪の減少、骨密度の上昇、運動能力の向上、外傷や手術後の回復の短縮、皮膚の弾力の増加などの作用です。 
いいこと尽くめの成長ホルモン、健康で若々しい体を手に入れるために、生活習慣を見直し少しでも多く分泌していきたいですね。