富裕層向け介護施設もここまで進化 | 介護マップ ブログ

介護マップ ブログ

共同メディアが発行する、愛知・三重・静岡の
地域介護支援マップ、介護マップのブログです


テーマ:

愛知県でも数多くの介護施設を運営している社会福祉法人サン・ビジョンさんが、岐阜駅前に新しい介護施設をオープン。

といっても、ごく普通の施設のオープンではなく、規模や立地などが従来の介護施設のイメージを覆すほど!

 

施設名:ジョイフル岐阜駅

オープン日:今春予定

電話:058-264-2811

HP:https://e-sunlife.or.jp/facility/2900/

 

岐阜駅と歩行者専用デッキで直結した高層ビル、岐阜イーストライジング24の3~17Fにジョイフル岐阜駅は入所します。

岐阜イーストライジングは今年1月31日に竣工したばかりの高層ビルで、高さ約90m、24階建てとなります。

1・2階には商業施設、高層階は高級(多分)分譲住宅という、岐阜市の新しいシンボルです。

そしてその半分以上を占めるのが、介護施設のジョイフル岐阜駅。

 

16-17Fは36戸のサ高住が入ります。天気が良ければ名駅のタワー群まで見渡せるため、普通のマンションとして考えてもかなり人気の立地なのでは?

さらに特別養護老人ホームや介護付有料老人ホームは各100床を誇り、低層階にはショートステイや地域交流センターの機能も備えます。

岐阜市では同じく駅直結の高層ビル・シティタワー43にも住宅型有料老人ホームが入居した医療・介護フロアがあり、入居待ちが続いている模様。車は運転できないけど買い物はできるほど元気であれば、雨の日でも歩行者デッキでお出かけできる駅ビル施設は生活に便利ですし、家のドアから名駅まで20分(リニア開業後なら品川へも1時間少々)なので、離れた家族が訪問することも楽そうです。

 

入居系の介護施設というと緑豊かな郊外や、閑静な住宅街への進出が顕著でしたが、老後を街中で過ごしたいという高齢者の需要や、コンパクトシティ&駅前再開発を目指す地方中核都市の意向もあり、同様の駅前ビル介護はこれから増えていきそです。

 

kaigomapさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ