岐路に立つデイサービス | 介護経営コンサルタント伊谷の『千思万考』

介護経営コンサルタント伊谷の『千思万考』

介護事業専門コンサルタントの伊谷俊宜です。
日々のコンサルティングの中で気づきを随時発信していきます!


テーマ:

 

こんにちは。

介護経営コンサルタントの伊谷です。

今回はデイサービスを取り上げたいと思います。

 

増えすぎたデイサービス

介護事業で最も知られているサービスは間違いなくデイサービスでしょう。

介護に疎い私の家族も知っていました。

 

「日中いろいろやってくれて、退屈せず楽しく過ごせるところ」

by伊谷肉親によるデイサービス評

 

大体このような認識をもっている方が多いし、全国的な実態も遠からずといったところでしょう。

ケアマネ目線で見ても、デイサービスは大変便利なサービスですよね。

 

送迎付きで7時間ほど滞在できて、入浴介助もしてくれたうえにリハビリもできるとまさに介護の総合デパートのような存在でした。

 

訪問介護が1時間程度のサービスで約400単位(身体介護)かかるのに対し、デイサービスは7時間利用で約800単位(要介護2:通常規模の場合)と費用も大変リーズナブルなので、ケアマネが使いたくなるのも当然でしょう。

 

しかし、そんなデイサービスもついに施設数が減少局面に突入しました。

ご承知の通り、平成27年の厳しい減算が主な原因でしょう。

この流れは残念ながら加速し続けるでしょう。

 

デイサービスに求められる機能

国はデイサービスにどのような機能を求めているか?

 

 

少々古い資料ですが、このような形で提示しています。

これに対応するような形で、平成27年の改正では以下の加算が新設or拡大されました。

 

◇認知症加算

◇中重度ケア体制加算

◇個別機能訓練加算の単価アップ

 

この方向に誘導したいわけですね。

大雑把にまとめると、リハビリor中重度者対応がデイサービスの進むべき道ということになるでしょうか。

 

そして平成30年の法改正ではデイケアとの棲み分けが議論されてきました。

デイサービスにもリハビリ機能を求めるわけだから、サービスが似てくるのは当然ですが、それにしても「両者の違いが判らない!」という声が非常に大きかったわけです。

 

デイケアは平成30年の法改正後、短時間の運営に誘導されるでしょう。

介護保険の卒業者を生み出すためのリハビリ機能が更に求められます。

 

対してデイサービスは、幸か不幸かレスパイトの機能は依然と求められるようです。

もちろんリハビリの機能も同時に求められますが。

 

率直に申し上げると、「すんごい中途半端!!」

というのが個人的な感想です。

相変わらずコンビニエンスなサービスであることを求めながらも、リハビリや中重度者の対応を強化しなさいというわけですからね。

 

この背景には、小規模多機能型居宅介護を増やしたいという国の思惑が透けて見えます。

デイサービスは介護の総合デパートのような存在だったと前述しましたが、総合デパートの真打は小規模多機能です。

国としては、ある程度デイサービスを小規模多機能に転換してほしいと考えているわけですね

 

デイサービスがより一層困難な舵取りを強いられるのは間違いないでしょう。

 

デイサービス対象者:中重度者

デイケア対象者:軽度者

 

今回の改正では、デイケアに対して要支援者に対しての加算が拡充されるため、各サービス対象者は中長期的に、上記のような形で棲み分けられていきそうです。

 

法改正対策はセミナーや本ブログでも触れていこうと思います。

少なくともバーセルインデックスを使用した評価を今から始めるなどは対策として必須でしょう。

 

何より大切なのは、大枠で減算なのは間違いないので、施設稼働率を限界まで高める取り組みを最大限におこなうことです。

 

改正後単価が変わって売り上げが低下してからでは遅いのです。

まさに『今』、これまで以上に高め継続することが重要です。

できることから始めていきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 経営コンサルタント 伊谷俊宜(いたにとしのり)
  

 千葉県佐倉市出身。大学卒業後、教育サービス業界に入社したが、障がい者との交流を機に「高齢や障害を理由に、不当な差別を受けることのない社会を作りたい」と、介護事業者の門をたたいた。介護保険施行前より運営トップとして、数々の特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスの立ち上げ、運営に参画。その後、大手介護事業者に入社し、介護付有料老人ホームやサ高住の立ち上げ、運営、新人管理職の育成に携わる。

 現在では、圧倒的な現場力で、高齢者住宅、デイサービスセンターなど「人気の施設づくり」を積極的にサポートしている。講演・執筆も多数。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!

伊谷 俊宜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス