介護経営コンサルタント伊谷の『千思万考』

介護事業専門コンサルタントの伊谷俊宜です。
日々のコンサルティングの中で気づきを随時発信していきます!


テーマ:

ついに自己負担割合3割の時代が来ましたね。

 

2018年8月より、年金収入等で340万円以上所得がある方は

3割負担となることが5月26日の参院本会議で可決・成立しました。

 

 

2割負担に増額された2015年から、

わずか3年で3割ですか。。。

 

しかしながら、日本の社会保障財政を考えると致し方ないですかね。

 

厚労省の資料によると、3割負担に対象になるのは

約12万人で、介護保険利用者全体の約3%と発表しています。

 

参考までに2割負担者の場合は、20%と言われていました。

2割負担に移行した際、皆さんの事業への影響はいかがでしたでしょう?

 

思ったほど影響を感じなかった事業所が多いのではないでしょうか。

少なくとも私の周りではそういう声が多く聞かれています。

 

3割の負担増も3%ということを考えれば、

導入当初はそれほど影響はないと考えられます。

 

さらに、高額介護サービス費という形で、

介護保険自己負担額には上限を求められています。

仮に3割負担になっても、高額介護サービス費がある以上、

その上限以上は支払う必要がないということですね。

 

しかし、この高額介護サービス費の上限は、

来年8月から70歳以上の方は、

現状の37,200円から44,400円に引き上げられます。

 

高額介護サービス費は、高額療養費(医療費の上限)と紐づいています。

そして、高額療養費は2018年8月より、

現状の44,400円から57,600円に上限額が引き上げられます。

 

ということは、いずれ高額介護サービス費も足並み揃えて

上限の引き上げは必至ということです。

 

そうなってくると、影響が出てくるのは間違いないですよね。

 

例えば、要介護3で区分支給額全てを使っている方ですと、

現状は下記のとおりです。

※地域区分は勘案せず計算しています。

 

要介護の区分支給限度額=26,931単位

<自己負担>

1割負担:26,931円

2割負担:53,862円⇒37,200円(高額介護サービス費)

3割負担:80,793円⇒37,200円(高額介護サービス費)

 

このような形で、上限が設けられているのです。

しかし、この高額介護サービス費が

37,200円⇒44,400円57,600円

 

と引きあげられていくのです。

こうなると、かなり影響が出てくるでしょう。

 

特に、サ高住や介護付、住宅型有料など、

介護保険サービスとは別に、家賃・食費などの居住費が

かかる事業に対しての影響が大きいのは間違いないです。

 

どのように対応するべきか。

 

根本の話ですが、高齢者住宅は

元々料金の総額が分かりづらいという構図があります。

 

包括報酬の介護付はまだしも、

サ高住や住宅型のように介護サービスが

外付けの場合は、尚更にわかりづらいです。

 

そこで、『月額試算表』を

見学者と一緒に作ることをお勧めします。

 

記載する内容は下記のとおりです。

 

固定費:家賃・生活支援サービス費・共益費など

変動費:食費、自費サービス、介護保険サービス費など

 

このような毎月かかる費用を見学者の望む生活をヒアリングしながら、

一緒に作成するののです。

 

こういったものを活用することで、

 

☆月額の概算が具体的且つわかりやすく伝わる

☆料金の根拠が説明しやすい

☆変動費は調整できることを具体的な金額で説明できる

 

といったメリットがあります。

お客様と月額の認識エラーを減少させることが可能です。


今後、お客様の介護保険自己負担が増えるということを考えても、

入居後の料金を如何に「見える化」するかがポイントということですね。

 

Wordなどで簡単に作成できますので、

是非活用してみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【無料経営相談】
 よくあるご相談例
 →新たに施設を立ち上げたいが、最近の時流は?
 →稼働率が上がらない。どうしたら?
 →スタッフの"定着率”に悩んでいる
 →スタッフ育成に悩んでいる


 相談方法1)メール相談     info@s-cg.co.jp
 相談方法2)フォームに入力 http://www.s-cg.co.jp/inquiry/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【発行責任者】
 株式会社スターコンサルティンググループ
 経営コンサルタント 伊谷俊宜(いたにとしのり)
  

 千葉県佐倉市出身。大学卒業後、教育サービス業界に入社したが、障がい者との交流を機に「高齢や障害を理由に、不当な差別を受けることのない社会を作りたい」と、介護事業者の門をたたいた。介護保険施行前より運営トップとして、数々の特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスの立ち上げ、運営に参画。その後、大手介護事業者に入社し、介護付有料老人ホームやサ高住の立ち上げ、運営、新人管理職の育成に携わる。

 現在では、圧倒的な現場力で、高齢者住宅、デイサービスセンターなど「人気の施設づくり」を積極的にサポートしている。講演・執筆も多数。


 株式会社スターコンサルティンググループ
 東京都港区浜松町1-27-9 トラスト浜松町ビル6階
 http://www.s-cg.co.jp/
 電話03-6432-4020

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  全国の介護事業者が「地域一番」を目指し「日本一」が続出する
 成功事例満載の経営者・施設長向け勉強会
 「介護サービス経営カレッジ」常時募集中!初回参加無料!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

伊谷 俊宜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。