父を悪く言わないでほしい | 一人っ子がする介護ってこんなもん?

一人っ子がする介護ってこんなもん?

親の介護が始まって約10年・・・要介護3だった母が心不全で急逝してからは、独居老人の父のもとに1時間かけて通い介護を6年、母の七回忌直後に父は脳出血!施設介護を経て2017年8月12日父は急逝。悲しい・・・なのに義父母介護・・・

きょうは父の日だ。

父のいない父の日は2度め。

夫には父も母もいるのに

私にはもう父も母もいないんだなと

改めて感じる。

 

先日

石川県に住む叔母と

用事があって電話で話した。

 

そのときに叔母が言った。

「こどものときに兄さん(父のこと)に

蹴られたり叩かれたりして

ずいぶんと嫌な思いをした。」

 

たしかに

父が生きていたときに

父の介護で苦しんでいたときに、

私は父の悪口を叔母に言った。叔母も父の悪口を言った。

共通の話題があって

良かったと思った。

そのときは。

 

 

でも今は違う。

私のパパを悪く言わないでほしい。

そんなこといわれると

苦痛だよ。

気分が悪いよ。

 

しかも

私が叔母への手紙に

未だに父のことで泣かない日はないと

書いているにもかかわらず、

父の悪口だ。

 

聞きたくないよ。

 

 

父の兄弟姉妹関係は

ずっと冷え切っていた。

いつもお互いの

悪口ばかり。

父が亡くなったときも

どうせ葬式だって

来るわけもないしと、

葬儀が済んでから

はがきで知らせたくらいだもの。

 

そして

父が亡くなったのに

父の悪口。

 

いやだな・・・ショボーン

 

でも叔母たちは

自分たちが死んだあとの

残務整理をしてほしいと、

私に言う。

そういうことを頼むならば、

せめて父のことを

悪く言わないでほしい。