12月以来の大学病院受診 | 一人っ子がする介護ってこんなもん?

一人っ子がする介護ってこんなもん?

親の介護が始まって約10年・・・要介護3だった母が心不全で急逝してからは、独居老人の父のもとに1時間かけて通い介護を6年、母の七回忌直後に父は脳出血!施設介護を経て2017年8月12日父は急逝。悲しい・・・なのに義父母介護・・・

今日は大仕事だった。

昨年11月29日に救急搬送し異常なしと誤診、

結局12月2日に脳出血を発症していることが判明し、

8日の転院まで入院していた大学病院に、

約5か月ぶりに父を連れて行ったのだ。



お昼にホームに行き

替えのリハパンやパッドをもち

ホームの車いすを借りて

タクシーで病院に向かった。

前は家が近かったのでこの病院にいくのは

楽だったが、こうして老人ホームからいくとなると

大変。往路は迎車料金ふくめて3千円になってしまった。


これまでは歩行器でずっと歩いていた病院内だが、

今回はすべて車椅子。

大学病院ってひろいから

検査など結構歩き回るが、

今の父の筋力、体力では無理だから。



病院に着いて受付をすませ

久々の受診で血液検査などなにもオーダーが

入っていないことを伝えると、

主治医と連絡を取って検査オーダーがはいった。

血液検査、エックス線、心電図。

検査から1時間ほどで名前が呼ばれた。


久しぶりですね。

いや~うれしいですよ。

また戻ってきて診ることができて・・・

笑顔で迎えてくれた主治医。

転院する前日の12月7日、

救命センターのほうに面談のために

きてくれて、もどってきたらまた自分が診るからと

言ってくださった主治医。

病院の研修医にたいしては不満がいっぱいだけど

この主治医のことは信頼しているので、

私もうれしかった。



血液検査の結果は

クレアチニン  2.82

尿素窒素   33.8

アルブミン  3.2

ヘモグロビンA1c 5.4

白血球  9300

ヘモグロビン  9.0

BNP 276.2



なぜだかわからないけど

クレアチニンが脳出血起こした頃よりも

かなり下がっている。

あのころは3.5くらいあったのに、

どうしてなんだろうか。

でもまあ、いいことなんだからな。




主治医に相談して

リハビリ病院で処方された薬について

見直しをしてもらうようにした。

睡眠薬代わりに使われたテトラミドも

やめてもらったし、抑肝散もストップした。


さてさてこれが吉とでるのか・・・