介護用品のしまだのブログ

介護用品のしまだのブログ

京都にあります、「介護用品のしまだ」のスタッフが書くブログです。
日々のやり取りや、商品の事、何気ない話や、興味がある事などなど、いろいろと書いていこうと思っています。
宜しくお願いします。

京都は祇園まつりで賑わう季節となりましたが、

山鉾巡行」は58年ぶりの中止ですが、

「神輿渡御」は昭和21年以来74年ぶりの中止。

本来、疫病退散を目的に行われてきた神事が

2020年は新型コロナウィルスという“現代の疫病”

によって中止になるという事態、

やむを得ない一面もあると思うのですが、

本末転倒ですね。

 

京都市内のあちこちで「こんこんちきちん」

と、お囃子が聞こえてくるのに

今年は聞こえてきません。
 

 

長刀鉾の粽

 

祇園祭りは7月1日吉符入り(きっぷいり)から

31日の(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)まで

のひとつき間の八坂神社の祭り(神事)です。
 その歴史は古く、

平安時代(869年・貞観(じょうがん)11年)、

疫病封じのために、

当時の国の数と同じ六十六本の矛を立てて諸国の穢れを祓い、

神輿三基を送り牛頭天王(薬師如来の化身)を

祀った神泉苑での御霊会(ごりょうえ)が起源です。

 祇園祭と呼ばれるようになったのは、

牛頭天王が祇園神とも言われていたからです。
それにちなんで牛頭天王を祭る神社を

祇園社周りの地名も祇園と呼ばれるようになりました。
この祇園社が現在の八坂神社です。


“祇園祭の粽”(ちまき)は食べ物ではなく

疫病・災厄除けのお守りです。
茅の輪はを束ねて作ったものなので、

茅巻きと呼ばれるようになり、

これが現在の笹の葉で巻いたの本来の姿です。
そしてその故事にちなみ、

 

 

祇園祭の粽には蘇民将来子孫也という

護符が付いています。