船井総研 沓澤のブログ

地域一番の介護事業所を目指す方のために、船井総合研究所の介護コンサルタントが最新のコンサルティング事例を発信していくブログです。


テーマ:
解散総選挙が実施されることになりました。この選挙の行方は介護報酬改定に大きな影響を与えることになるでしょう。

当然、選挙が終わるまでどの党がどのくらい議席を獲得するかわかりません。しかし、今の段階で予測すると選挙結果次第で2018年の介護報酬改定での「適正化」が進むと予測されます。

その理由は、自民党も民進党も消費税の引き上げによって確保した財源を幼児教育に回すと言っているからです。(自民党内でも安倍首相と麻生財務大臣で考えが異なってはいます。)

来年度の概算要求で社会保障費は本年度と比較し、2.4%増となりました。これは、高齢者の自然増によるものです。つまり、今後毎年のように社会保障費は高齢者人口の増加によって、何もしなければ増えていくことになります。当初、消費税を引き上げた際の増収分は社会保障にあてる方向でした。しかし、増収分の使い方が変わるとなると高齢者人口の増加によって必要となる社会保障費の増額分も踏まえて、報酬単価を決めなくてはならず、「適正化」は避けられないと言えます。また、その際の「適正化」はかなり大きなものになると思います。私の予測では、全体で3%〜7%の適正化は避けられないのではないかと思います。

消費税の増収分を何に使用するかというのは、20年後、30年後の日本を考えた際の政治判断になるため、今の段階で何が正しいとは言えません。しかし、介護報酬改定に大きな影響を与える選挙になることだけは間違いないでしょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人材確保に関する講演依頼やご相談を受けることが増えてます。

 

なにも介護業界だけが人材が確保できないわけではありません。

どの業界も人手不足。例えば、建築業界で人手不足を補うため、今まで実施していなかった週休2日を取り入れるといったニュースが流れていました。

 

人材が簡単に採れる時代はもう来ないのではないでしょうか。

そうなるとより人員基準に近い人員体制でサービスを提供しなくてはなりません。しかし、今まで通りのサービス提供では難しいことでしょう。

 

サービス提供手法を「大きく変える」必要があります。

その一つが積極的なITの活用なのではないかと私は思います。

 

あるWebの記事に老舗旅館がクラウドシステムを構築したことにより、

人件費が40%削減され、売上が1.5倍になったというコラムがありました。その記事によれば、パソコンやタブレットに触れたこともないという中高年がいる中で、得意な人が教えていくための環境を整えることで、導入を目指したとのことでした。当然、反発もあったようですが、結果として導入にこぎつけ、今までよりも少ない従業員で運営することが可能となったため、生産性が上がり、従業員の1人あたりの給与が約300万から約400万に。

 

これは、すごく大きな成果です。

 

介護の業界も同じようにパソコンやタブレットに触れたこともない、または得意でない方が沢山いらっしゃいます。しかし、時間のかかる記録をタブレットで実施するなどITを取り入れていく必要があると思います。人材の確保が難しくなるのであれば、難しくなることを前提に運営方法を検討する必要があります。この旅館のように得意な人が教える環境を整え、ITの導入を目指すことが求められていると感じます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


船井総合研究所の沓澤です。

次回、報酬改定で共生型サービスの実施が検討されています。
同一の事業所において、介護保険サービスと障害福祉サービスを合わせて提供するというものがこの共生型サービスです。

制度の中身だけ見れば、別々に運営していたものを合わせて提供してもいいということですが、違った角度から見るとこのサービスの普及が人手不足の解消につながっていく可能性があります。

共生型サービスを進めるということは単に介護保険サービスと障害福祉サービスのご利用者にサービスを提供するということではありません。

この枠組みを通じてダイバーシティを進めていくということと捉えることが出来ます。

今まで高齢者と障がい者を「別けて」いたものを年齢や状況に関わらず、同時刻に同じ場所で受け入れる。

これにより、職員もご利用者もそれぞれの特性を学び、受け入れていくことが可能になるかもしれません。


まずは制度の枠組みですが、このサービスを通じてサービスの枠組みを越え、高齢者も障がい者も積極的に社会参加する時代がくれば、足りていない人手を補うことになるでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。