介護事業所のための働きがいのある職場づくり

介護事業所のための働きがいのある職場づくり

やらなければならないことは分かるけど、なかなか実行できない、という介護事業者の方のために、人材の採用・募集方法から定着まで、介護人材の育成を効果的に進める職場づくりについて、ご提案いたします。

8月に、介護事業者様向けのセミナーを開催します。(^O^)/

『助成金がもらえる!パート介護職の採用・育成法』

【開催要領】はコチラ

少人数制のセミナーで、10名限定で募集しております。
介護人材の採用・育成コスト削減のための助成金の上手な活用法について
お伝えする内容です。

介護事業者様のご参加、心より、お待ちしております\(^o^)/。



Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
こんにちは!(^O^)/
社会保険労務士の松尾です。

今回から、
人材不足でお悩みの介護事業者の方には、注目の、
未経験者採用の場面で、利用できる助成金について、お伝えします。

介護職を採用する、という場合、経験者よりもフレッシュな未経験者を採用したい!
という経営者の方は多いのではないでしょうか?

その理由として、
経験者の場合、即戦力になるとしても、それまで培った独自の仕事のやり方を
替えられない、新しく入社した介護事業所の方針になじめない・・・
ということがあると思います。

経営者の方にとって、
自社の方針に合わせて仕事をしてくれる方のほうが、好ましいものです。

このあたりは、未経験の新人の方のほうが、
自社の経営理念やポリシーを刷り込み見やすい、ということが
言えるでしょう。

しかし、
未経験の新人を雇う場合、
こんどは、
ミスマッチなどで仕事を途中で辞めてしまう、というリスクが出てきます。

適性が求められる介護業界の場合、
新人を定着させるのは、なかなか容易なことではありません。

さらには、
新人の場合は、現場で仕事を教え込む必要があります。

短くても、1、2ヶ月はかかるでしょう。

また、
資格を持っていない人の場合は、
介護のスクールなどに通ってもらう必要があります。

新人を養成する間は、
当然、生産性はゼロですから、その間は、
人件コストを無駄に浪費することになるでしょう。

また、教育係となる先輩職員にとっても、
けっして、教える負担は軽くはありません。

こうして考えると、
まっさらな新人を雇いたくても、経営者にとっては、
なかなか大きな負担です。

こんな場面で、うってつけの助成制度を、
国が用意してくれました!

こうした、
早期離職のリスクや、教育経費を含めた人件コストなどの
負担を減らすのに、大きな助けになります。

次回では、引き続き、この助成金について、お話します!


ここで、
お知らせがあります。(^O^)/

私の友人の社会保険労務士である吉竹延禎先生が、
来週、滋賀で、介護事業者向けのセミナーを開催されます。


セミナー要項

◆タイトル:「未経験者を優秀な介護職に育てるための採用の仕方と助成金の活用方法」
◆日時:平成24年 7月10日 火曜日
    13:30~15:30(受付13:00~) ※終了後、ご希望の方には個別相談を受付ます。
◆場所:滋賀県草津市野路1-15-5(南草津駅直結) フェリエ南草津 5F 市民交流プラザ
◆主催:SY人事労務サポート
    滋賀県草津市若竹町5-10-310
  TEL 077-564-0588
◆受講料:2,000円(税込)/人)
◆定員:15名(定員になり次第締切) 

お申込は、SY人事サポートまで、
お申込みはコチラ


当日は、私も、
助成金の上手な使い方について、お話しさせていただきます。
近隣の介護事業者様は、ぜひ、奮ってご参加ください!(^O^)

介護事業所のための働きがいのある職場づくり

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス