Weekly Kaideya Blog
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-05 19:11:22

みかん畑ツーリングに行ってきました

テーマ:オートバイ

いつもお世話になっている方からのお誘いで、「みかん畑ツーリング in 勝浦町」に行ってきました。

 

ひとまず、ビッグちゃんと待ち合わせをして坂本へ向かいます。

 

集合場所の「ふれあいの里さかもと」では、ツーリングの企画してくれた方や、おばあちゃんが温かく出迎えてくれました。

 

今回の企画は、ミカン畑の中の道をバイクで走り、途中、ミカン狩りを楽しんだり、地元のおばあちゃんと一緒にお茶を飲んだりする、

ゆる~い内容のツーリングだそうです。

 

ひとまず、ツーリング前の腹ごしらえという事で、おばあちゃん特製の弁当を、みんなで楽しく頂きました。

どれを食べても優しい味でとても美味しかったです。

ご馳走様でした。

 

出発までの間、バイク談義。

 

ところで、みんなのバイクを見ると、日頃は大きいバイクを乗ってる方も、この日はスクーターで参加しており、僕以外、全員、カブかスクーター。

今回のツーリングはゆる~いと聞いていましたが、ひょっとすると、かなりの小回りを要する、大変なツーリングなのではと心配になってきます・・・。

 

それでは、出発!

 

コースは、かなり急で細い区間もありましたが、ハンドルの切れ角もあるセローなら、心配することなく大丈夫でした。

逆に、悪路や道幅が狭いところなど、走る条件が悪くなる度、「なんて頼もしい奴だ」と、一段とセロー愛が湧いてきます。

 

ゆっくり走りながら、赤や黄色に色づく里山の風景も楽しみました。

 

鹿背山(かせやま)がキレイに見えるポイントにやって来ました。

尾根が鹿の背のようになっているから鹿背となったという説もあるようですが、横瀬富士とも言われているそうです。

 

鹿背山をバックにみんなで記念撮影。

 

ツーリングの最終地点には、おばあちゃんがお茶や芋などを用意して待っていてくれました。

 

一緒にミカン畑まで山を登り、裏返したコンテナを、テーブルやイスにして、その場で採れたてのミカンを頂きました。

また、おばあちゃんには、美味しいミカンの見分け方は勿論の事、この辺りの以前の様子や、サルやシカ、イノシシの出没ポイントなど、

何度も笑いの起きる面白い話で、あっという間の楽しいひと時を過ごしました。

 

この日は、上着を脱いでも大丈夫なくらいの暖かさでしたが、それ以上に人の温かさも感じられた一日でした。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-12-01 19:20:39

カワサキワールドに行ってきました

テーマ:オートバイ

神戸に立ち寄った一番の目的は、ショッピングではなくメリケンパーク内にある神戸海洋博物館でした。

 

空に突き出た白いフレームは帆船の帆と波をイメージしたものだそうですが、下から見上げると結構な迫力です。

帆というのも分かりますが、僕的にはナガシマスパーランドの方がよりイメージされました・・・。

 

 

ここでは、神戸港の歴史や役割、船の仕組みなどを、実物の計器や模型で分かりやすく紹介してくれています。

また、屋外には阪神淡路大震災時で崩れたメリケン波止場の一部が保存されていました。

 

 

神戸海洋博物館をグルっと回ったら、次は神戸港と深く関わってきた川崎重工業の企業ミュージアム カワサキワールドへ。

 

カワサキのロゴと言えば、「フライングK」を連想しますが、

 

カワサキワールドの入口には、かつての川崎重工業のエンブレムであるリバーマークが出迎えてくれます。

創業者の川崎正蔵氏についてや、造船所時代から船舶、鉄道車両、航空宇宙、エネルギー、産業用ロボットなど、重工業に変遷していった

カワサキの歴史が紹介されていました。

 

事業紹介のシアターコーナーを抜けると、遂にモーターサイクルギャラリーへ。

 

まずは、カワサキの技術の粋を集めた「Ninja H2」が目に入ってきます。

 

H2は、モーターショーに展示されるようなスペックで発売されたバイクで、量産車としては初めてスーパーチャージャーが搭載されました。

↓は、ブースト圧を抑え、公道走行が可能なH2というモデルですが、それでも231PS(2019年モデル)!

このH2の隣には、外装を外し、構造が見えるよう展示しているH2R(サーキット専用)がありますが、そちらは310PS(ラムエア加圧時326PS)と、

圧倒的なスペックです。

 

市販車と言え、なかなか見る機会が少ないバイクなので、実車を見るのは今回が2回目。

初めて見たのも、バイク店やパーキングではなく、神戸空港に展示していたものでした。

 

ミラーコート(鏡面塗装)のカラーリングと相まって、気安く近寄るなという威圧感さえ感じられました。

 

H2のアッパーカウル先端に取り付けられたリバーマーク。

通常、市販製品に付けられる事はないリバーマークが、H2が特別な存在であることを物語っているようです。

 

館内には、Z1やGPZ400Rなどの往年の名車も展示されていました。

この辺りは、時期により展示されるバイクも変わるのでしょう。

 

その向かいの壁面には、かなり古いものから、昨年、SBK(スーパーバイク選手権)で優勝した最新のレーサーまで展示されています。

 

このバイクはB8モトクロッサーで、B8をベースにしたファクトリーレーサーです。

赤いタンクにカタカナのカワサキロゴがカワイイですね。

 

時代が変われば、こうなるのか・・・。

コチラはAMAスーパークロス選手権で2011年から2014年まで4連覇を達成したKX450F(2014年モデル)

 

最新のZX-10Rに跨り、九州のオートポリスを疑似走行できるシュミレーターもありました。

 

新幹線の台車亀裂問題は、残念なニュースでしたが、初代新幹線の運転席に座ったり、

 

 

川崎重工の社用機「美濃」 川崎バートルKV-107Ⅱの中に入ったりと、思ってた以上に立派なミュージアムで楽しめました。

 

見終わった頃、入れ替わるように大勢の修学旅行生が入って来たので丁度良い、タイミングでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-11-27 19:16:47

神戸を散策してきました

テーマ:ブログ

コクヨのフェアの帰りに、神戸に立ち寄ってきました。

 

 

ぶらっと訪れたのは、アークテリクスショップ。

アークテリクスのウェアは、余分なものを全て削ぎ落したようなデザインで機能美を感じさせます。

 

この日、購入したベータSVジャケットは、GORE-TEX Proを使用した山岳用ウェアですが、カッティングの美しさに加え、絶妙な色合いは、

登山用にしておくのは勿体ない気もします。

今年は何かと忙しく、秋の登山に行くことができなかったので、しばらく、このハードシェルは街着として活用しておきます。

 

 

もう一つは創業から230年以上の歴史を持つ、英国のニットメーカー、ジョンスメドレー。

定番のニットも、今年のイエローはソーラーイエローと言って、いつもの年より淡くキレイな色で満足しました。

 

あと一件、立ち寄った場所がありましたが、そちらは別記事で・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス